invoxの部門管理について

各種設定, 請求書のデータ化結果

invoxでは、事前に部門を登録いただくことで、請求書には記載されていない部門情報を請求書データに付加できます。

請求情報に部門を設定すると、下記のシーンで部門情報が利用できます。

  • 請求データの付加情報として標準形式の請求データに出力
  • 仕訳辞書の適用条件として
  • 仕訳の計上部門として

以降では請求情報への部門設定の方法について説明します。

部門マスタの設定

部門のマスタ
部門を使用する場合、事前に部門の登録が必要です。
部門の設定方法をご参照いただき、部門を設定いただくか、
インポートファイルについてをご参照いただき、部門データのインポートをお願いいたします。

請求データへの部門の設定

請求書の取り込み時

invoxでは、請求書の取り込み時とデータ化結果の確認時に請求書データに部門情報を付加できます。
上記の画面はアップロード設定を部門ごとに設定し、取り込み時に部門情報を付加する際のイメージです。

請求書の取り込み時については、STEP1: 請求書の取り込みをご参照いただき、各取り込み方法の詳細にて、設定方法をご確認ください。

データ化結果の確認時
取り込み時の部門設定が難しい場合は、データ化が終わった請求データに対して部門情報の設定が可能です。
データ化結果の確認時については、請求書データ化結果の確認手順をご参照ください。

取引先からどんな形式の請求書が届いても、
めんどうな請求処理のアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!
invoxを無料で試す