sweeepとinvoxが語る、受け取り請求書の「現在」と「未来」

  • ホーム
  • sweeepとinvoxが語る、受け取り請求書の「現在」と「未来」

オートメーションラボ株式会社 代表取締役 村山 毅 様と株式会社Deepwork 代表取締役 横井 朗
オートメーションラボ株式会社 代表取締役 村山 毅 様(写真右)/株式会社Deepwork 代表取締役 横井 朗(写真左)

請求書を受け取ると、支払のために振込データを入力し、計上のために仕訳データを入力、それぞれ充分に確認した上で処理しなければならない面倒な業務が発生します。
また、入力や確認だけでなく、郵送物として届く請求書の受け取り、キャビネットへの保管、支払承認のための判子リレーなど、受け取り請求書にはテレワークを阻害する要因がふんだんに詰まっています。

そのような課題を解決する請求処理自動化サービスを代表して、sweeepを運営するオートメーションラボ株式会社の代表取締役 村山 毅 様と、invoxを運営する株式会社Deepworkの代表取締役 横井 朗が受け取り請求書の「現在」と「未来」について対談を行いました。

なぜ今、受け取り請求書が盛り上がっているのか

オートメーションラボ株式会社 代表取締役 村山 毅 様sweeep 村山様)sweeepは市場が活況になる2018年から運営しています。受け取り請求書には大きく2つの波があり、1つ目の波はOCRが精度高く読み取れるようになってきたテクノロジーの進化による波です。
もともと受け取り請求書の処理業務は多くの会社にとって大きな課題でしたが、解決する適したサービスがありませんでした。しかし、テクノロジーの進化によりAIやOCRが身近になったことで、私達のようなサービスが注目されはじめました。

2つ目の波は、現在も渦中ですが新型コロナウイルスの感染拡大による波です。
新型コロナウイルスが流行する前は「業務効率化」に主眼をおいた相談が多かったですが、「テレワーク」に移行するためのペーパーレス化という観点に軸が変わってきたきっかけになりました。

invox 横井)invoxは新型コロナウイルスの感染が拡大し、一度目の緊急事態宣言が発令されるかどうかという2020年3月にサービスリリースしました。
世の中が混乱しているタイミングでサービスをリリースすべきか悩みましたが、私達のサービスはテレワーク移行への一助になるのではないかと考え、リリースに踏み切りました。

続いて2020年4月にSansan株式会社のBill One、少し間が空いてLayerX インボイス、矢継ぎ早にこの領域のサービスがリリースされ、市場が盛り上がっていく様を間近で感じています。

請求処理自動化サービスの参入推移
請求処理自動化サービスの参入推移

sweeep 村山様)sweeepは一足早くリリースしたため、これまでサービスを比較されるという経験が少なかったですが、現在はよりよいサービスを選ぶためにコンペをするお客様が増えてきました。
比べられるため切磋琢磨してサービスを磨くという、よい市場環境が整ってきたように思います。

請求処理の自動化サービスを選ぶ際、
データ化だけでなく業務全体の効率化という観点が重要

株式会社Deepwork 代表取締役 横井 朗invox 横井)そのようにサービスが増えてきた市場ですが、導入検討のためにサービスを比較する場合、単なるデータ化だけでなく、業務全体をどのように効率化するか、既存のシステムや業務フローとどのように繋がるかという観点が非常に重要です。
資料だけでは使い勝手まで分からないことも多いので、既存の業務をどのように変化させるか想定した上で、導入前に試しに使ってみたほうがよいでしょう。自社の業務にマッチするか、どの程度の効果が期待できそうか、しっかり確認しないと、部分最適になってしまいます。
invoxは、できればすべてのお客様に対して導入サポートを行い、効果が実現できるまで伴走したいと考えているのですが、ご登録いただいてから連絡がとれないお客様も一定数いらっしゃって歯がゆく思っています。

sweeep 村山様)登録したけど使わずに終わってしまうのはもったいないですね。
逆の話になりますが、使わずに導入してしまって失敗したという例もよく伺います。特にOCRの精度というのはカタログ上のものは全くあてにならないのでsweeepも含め試すしかありません。もちろん、機能面も同様です。想像している業務フローがちゃんとまわるかは機能一覧表を見ても検証できません。UI/UXも含めて実際に試すことで初めて自社にあった製品かが分かるのです。
さらに言うとOCRは「見る」の代替であって課題を解決する一要素にすぎません。請求書の収集やワークフローなど「見る」の前後にはたくさんの業務があります。
そのため読取精度を追いかけることが必ずしも業務効率化に直結するとは限りません。
データ化が目的ではなく課題を解決することが目的で、その課題は一社一社異なるため、sweeepも導入やサポートを大変重要視しています。

invox 横井)市場が成熟してくると、搭載されている機能は各社であまり変わらなくなってくると思いますが、現在は機能に違いがあるため、その点も確認が必要ですよね。
例えばinvoxとsweeepでは、オペレータ確認があるかないかが大きな違いです。
そのほかのサービスと比べると、invoxとsweeepには共通して搭載されている機能ですが、データ化するだけで振込データや仕訳データが生成されないサービス、ワークフローがないサービス等があります。コロナ禍の現在では、請求書の受け取りを代行しているかどうかもよく聞かれるポイントです。
機能が多ければよいというわけではなく、あくまで自社の業務に適した機能を有しているかという観点で機能を確認することが重要です。

sweeep 村山様)そうですね。sweeepは技術を高めることで高度な読取精度と速いスピードを実現していますが、受取代行が必要であればatenaというサービスと連携して提供していますし、オペレータ確認の要望があれば提携のBPOベンダーさんで対応可能です。
sweeepとinvoxのアプローチは異なりますが、どちらが良いということではなく自社にあった解決方法を選択していただければと考えています。

電子帳簿保存法の改正、インボイス制度の導入、電子インボイスの開始など受け取り請求書をとりまく今後

sweeep 村山様)2022年1月1日施行予定の電子帳簿保存法の大幅な要件緩和は、あまり話題になっていないですが、大きなインパクトがあります。タイムスタンプが不要になることは、請求処理という慣習が変わる岐路になると言っても過言ではないと思います。

invox 横井)invoxは改正の話しを受け、電子帳簿保存法対応を改正後に照準をあわせた方針に切り替えました。
続いて2023年10月に導入されるインボイス制度(適格請求書等保存方式)にも注目しています。難しい制度であるため、正しく理解して正しく対応できる事業者が限られてしまうのではないかと思い、インボイス制度のスムーズなスタートのためにinvoxとしてできることがないか検討し、第一弾としてインボイス制度 パーフェクトガイドを公開しました。

sweeep 村山様)同じぐらいの時期に電子インボイスもはじまる予定です。規格が決まるまで時間はかかるでしょうが、電子インボイスがはじまると単なるデータ化サービスの価値は低くくなってくると思います。
経理部門の方々は、今のうちから一連の制度変更を見据え、業務全体をどう自動化・効率化するかという観点でサービスを選んでおくことが重要です。

オートメーションラボ株式会社 代表取締役 村山 毅 様と株式会社Deepwork 代表取締役 横井 朗

invoxとは

invoxは、取引先からどんな形式の請求書が届いても、99.9%正確に振込データや仕訳データ、請求データを生成し、経理の支払・計上処理を自動化するクラウドサービスです。
テクノロジーと人の力を融合することで、効率化と高い精度を同時に実現し、従来は解決が難しかった受取請求書の業務課題を解決し自動化しています。

2021年3月18日にサービス開始1周年を迎え、導入企業数が500社を突破いたしました。

sweeepとは

sweeepは請求書の回収から仕訳・振込・保管など、経理が課題としていた業務フローを一気通貫で解決できるクラウドサービスです。

98.5%の読取精度を持つ独自のOCRエンジンとAI技術により、アップロードされた請求書を100枚たった3分のスピードで自動仕訳判定、会計処理します。