受取請求書の電子化100%を実現!インフォマート社と協業し『invox for BtoBプラットフォーム請求書』を提供開始

  • ホーム
  • お知らせ
  • 受取請求書の電子化100%を実現!インフォマート社と協業し『invox for BtoBプラットフォーム請求書』を提供開始

株式会社Deepworkが提供する「invox」は、紙で受け取る請求書の業務負荷を軽減するため、株式会社インフォマートが提供する「BtoBプラットフォーム 請求書」とシステム連携し『invox for BtoBプラットフォーム請求書』の提供を開始しました。

企業が受け取るあらゆる請求書を電子データ化することで、テレワークで請求書処理が可能になり、請求書業務のデジタル化が実現します。

『invox for BtoBプラットフォーム請求書』提供開始の背景

近年、業務効率化やコスト削減等の課題から請求書業務の電子データ化を検討・導入する企業は増加しており、そのニーズは、コロナ禍における「テレワーク」の推進でさらに高まっています。

そのような中、自社の請求書の授受がデジタル化されているにも関わらず、取引先によっては紙で送付されるケースがあり、請求書処理のために出社を強いられる等の課題がありました。

また、電子請求書と紙の請求書の二重管理が発生することから“管理を一元化したい”というニーズに応えるべく、受け取る請求書をすべてデジタル化できる『invox for BtoBプラットフォーム請求書』の提供を開始しました。

「BtoBプラットフォーム 請求書」と「invox」のシステム連携の概要

「BtoBプラットフォーム 請求書」と「invox」のロゴ

紙(※)やPDFで受け取った請求書を「invox」の専用フォルダにアップロード、もしくは専用メールアドレスに送付するだけで「invox」が請求書のレイアウトを認識して電子データ化します。
そのデータを「BtoBプラットフォーム 請求書」に取り込むことで、紙やPDFで受け取っていた請求書を含め、受け取る全ての請求書を電子データで一元管理できるようになります。

(※)紙で受け取った請求書のスキャン代行サービスは別途オプション料金が発生します。

「BtoBプラットフォーム 請求書」と「invox」のシステム連携の概要図

『invox for BtoBプラットフォーム請求書』による業務自動化のポイント

1.データ取り込みと自動データ化

・メール添付、さらにGoogle ドライブやSlackなど様々なクラウドサービスと連携し、請求データを取り込めます。
・紙で届く場合もスキャンサービスでスキャンから自動化できます。
・99.9%以上の精度で、請求書を自動的にデータ化します。

2.仕訳の自動化

・学習機能で仕訳作業を自動化します。

3.経理の支払・計上処理の自動化

・会計ソフトやERP、オンラインバンキングと連携し、経理の支払・計上処理を自動化します。

『invox for BtoBプラットフォーム請求書』の今後の予定

2021年1月に両社でAPI連携の構築を予定しており、請求データの自動取り込みも可能になります。
今後も、より一層お客様に満足していただけるよう、請求書業務の利便性向上に努めると共に、バックオフィス業務の効率化を実現してまいります。

「BtoBプラットフォーム 請求書」について
電子請求書のプラットフォームとして「発行する請求書」だけでなく「受け取る請求書」「支払金額の通知」等、多彩な請求業務の電子データ化に対応可能なクラウドサービスです。税務署への事前申請が必要なく、電子帳簿保存法に対応可能な、ペーパーレス(ECO活動推進)、コスト削減につながる仕組みとして、現在、全国約50万社にご利用いただいている国内シェアNo.1(※2)の電子請求書サービスです。

(※2)2019年度クラウド請求書サービス市場 ㈱富士キメラ総研調べ(月刊BT 151号)
URL: https://www.infomart.co.jp/seikyu/index.asp

「invox」について
invoxは取引先からどんな形式の請求書が届いても、99.9%正確に振込データや仕訳データを生成し、経理の支払・計上処理を自動化するクラウドサービスです。

テクノロジーと人の力を融合することで効率化と高い精度を同時に実現し、従来は解決が難しかった受取請求書の業務課題を解決し自動化しています。

請求書の面倒なアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!

invoxは、どんな形式の請求書でも、
99.9%正確に振込データや仕訳データを生成し、
経理の支払・計上業務を自動化するクラウドサービスです。

無料で試す