書類のデータ化項目・ルール(オペレータ入力の場合)

invox電子帳簿保存, データ化

書類のデータ化をオペレータにご依頼いただく場合のデータ化項目やルールについて説明します。
※データ化のオペレータへの依頼はベーシックプランでご利用いただけます。

データ化対象の書類

保存書類設定で選択した書類の種類が下記のものがデータ化対象です。
※書類の種類が「その他」の場合はデータ化対象外となります。

  • 見積書
  • 注文書
  • 契約書
  • 納品書
  • 検収書
  • 領収書
  • 請求書
  • 小切手

データ化項目

取引年月日・取引先・取引金額をデータ化します。
各項目のデータ化ルールは、下記を参照してください。

①取引年月日のルール
取引日(請求書の場合は請求日、見積書の場合は見積日)をデータ化します。
複数の日付の記載があり判断がつかない場合は早い方の日付をデータ化します。

②取引先のルール
法人格および法人名を下記のルールでデータ化します。

  • (株)の記載は”株式会社”でデータ化
  • 法人格と社名等の間はブランク(空白)なしでデータ化
  • 英数字はすべて半角でデータ化
  • 法人の場合は法人名をデータ化、屋号・個人名に相違がある場合は両方をデータ化

③取引金額のルール
税込の総額をデータ化します。

紙書類のスキャナ保存でも、PDFの電子取引でも、ぜ〜んぶ電子保存!

invox電子帳簿保存は、改正電子帳簿保存法に対応。
さまざまな国税関係書類を検索要件に必要な取引年月日・取引金額・取引先を正確にデータ化した上で保管します。

無料で試す