各種データのインポート方法

invoxは各種データをCSVで作成しインポートできます。
現在インポートに対応しているのは下記のデータです。
・スタッフ
・部門
・プロジェクト
・アップロード設定
各データのインポートファイルについてはインポートできるファイルをご参照ください。

1.インポート画面を表示

サイドメニューの[設定]-[インポート]からインポート画面を表示します。
アップロード

2.インポートするデータ・ファイルを選択

インポート画面でインポートするデータとデータ形式、ファイルを選択します。
データの選択

3.インポート内容の確認

インポートするデータにエラーがある場合、エラー内容が表示されます。
内容をご確認いただき、インポートするデータを修正の上、改めてインポートをお願いいたします。
インポートエラー

インポートするデータにエラーがない場合、インポートデータ一覧が表示されます。

4.インポート実行

内容に誤りがないかご確認いただき、右上の[インポート実行]をクリックしてください。
インポート実行

invox電子帳簿保存は、あらゆる国税関係書類を検索要件に必要な取引年月日・ 金額・取引先を正確にデータ化して電子保存します。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービス案内資料を確認

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

試してみる

書類の電子保存を無料で
お試しください。

無料で試してみる