手動入金消込

invox発行請求書で、自動で入金消込ができなかったデータを1件ずつ手動で消し込む方法について説明します。

入金データの処理は下記の3つの方法があり、以降では各処理方法の詳細について説明します。
・請求と消し込む
・請求と消し込まずに仕訳を生成する
・処理対象外とする

請求と消し込む

消込対象の請求データを選択して消し込む方法です。

①対象の入金データを選択し「請求と消し込む」を選択します。
請求と消し込む

②消込対象の請求を選択するウィンドウが表示されますので該当の請求データを検索し選択、OKを押します。
消込対象の請求選択

③選択した請求データの得意先に口座名義が登録されていない場合は、口座名義の追加のチェックが表示されますので必要に応じて選択してください。
口座名義の追加

④入金金額との差額がある場合は差額の処理方法を選択します。
処理方法の選択肢は「請求金額>入金金額」か「請求金額<入金金額」によって変わります。
差額の処理方法

⑤保存可能な状態になると[OK]ボタンが表示されますので、内容を確認して[OK]を選択します。
請求データとの消込

⑤仕訳生成を有効にしている場合は仕訳が生成され表示されます。内容を確認の上、申請もしくは確定を行ってください。
請求と消し込む(結果)

請求と消し込まずに仕訳を生成する

利息の入金など、請求と消し込むのではななく仕訳を生成して処理する方法です。

①対象の入金データを選択し「請求と消し込まずに仕訳を生成する」を選択します。
請求と消し込まずに仕訳を作成する

②仕訳の入力欄が表示されますので必要に応じて内容を編集し、申請もしくは確定を行ってください。
請求と消し込まずに仕訳を作成する

処理対象外とする

入金データの処理が不要な場合

①対象の入金データを選択し「処理対象外とする」を選択し、申請もしくは確定を行ってください。
処理対象外とする
invox発行請求書をご利用いただいて入金消込を行うフローは、入金消込自動化の流れをご覧ください。

invox発行請求書は、請求データを取り込んで送信方法を指定するだけで、インボイス制度に対応した請求書を発行。
売上計上や入金消込・督促まで自動化する請求書発行システムです。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービス案内資料を確認

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

試してみる

請求書の発行を無料で
お試しください。

無料で試してみる

サービスラインナップ

invox受取請求書

請求書の受領から入力、
支払、計上業務の自動化に

invox受取請求書へ

invox発行請求書

請求書の発行から売上計上、
入金消込業務の自動化に

invox発行請求書へ

invox電子帳簿保存

あらゆる国税関係の
電子取引情報・書類の保管に

invox電子帳簿保存へ