プロジェクトの設定方法

invox電子帳簿保存では、事前にプロジェクトを登録いただくことで、書類データにプロジェクトの情報を付加できます。
プロジェクトを設定することでプロジェクト単位でフィルターをかけて検索したり、ワークフローで承認パスを分けることができます。
プロジェクトの設定方法は以下のステップで行います。

プロジェクトを有効化

[マスタ編集設定]にて「プロジェクト」を「編集可」にしてください。

プロジェクト一覧を表示

サイドメニューの[設定]-[プロジェクト]をクリックしてください。
設定ープロジェクト

プロジェクトを追加

右上の[追加]をクリックしてください。
プロジェクトを追加

プロジェクトの設定

必要な項目を設定して保存します。
プロジェクト内容を設定

①プロジェクトコード(任意):会計システム等に登録されたコードと紐づける際のプロジェクトコードを指定します。
②プロジェクト名(必須):プロジェクトの名称を指定します。
③間接プロジェクト(任意):間接費用のプロジェクトかどうかを指定します。間接プロジェクトか否かで承認パスを分けられます。
④部門(任意):部門を指定します(ワークフローの承認パスで使用されます。検索に利用可能です)
⑤主担当者(任意):主担当者を指定します(検索に利用可能です)
⑥副担当者(任意):副担当者を指定します(検索に利用可能です)
⑦受注金額(任意):受注金額を指定します(検索に利用可能です)
⑧開始日(任意):プロジェクトの開始日を指定します(期間外の場合は検索時に”期間外”と表示されます)
⑨終了日(任意):プロジェクトの終了日を指定します(期間外の場合は検索時に”期間外”と表示されます)
⑩メモ(任意):プロジェクトのメモとして利用してください。

invox電子帳簿保存は、電子帳簿保存法の電子取引とスキャナ保存の要件に対応。紙でも、電子でも、あらゆる国税関係書類を検索要件に必要な日付・ 金額・取引先を自動でデータ化して電子保存する、業界最安水準の文書管理システムです。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービスについて知る

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

無料トライアル

書類の電子保存を無料でお試しください。初期設定のサポートなど、安定稼働まで手厚くフォローします。

無料で試してみる

サービスラインナップ

invox受取請求書

請求書の受領から入力、
支払、計上業務の自動化に

invox受取請求書へ

invox発行請求書

請求書の発行から売上計上、
入金消込業務の自動化に

invox発行請求書へ

invox経費精算

経費精算の電子化と
支払、計上業務の自動化に

invox経費精算へ

invox電子帳簿保存

あらゆる国税関係の
電子取引情報・書類の保管に

invox電子帳簿保存へ