費用計上仕訳の税額の自動調整

invox受取請求書では費用仕訳生成時に仕訳の明細毎に税額が自動算出されます。
仕訳データの出力形式によって、この税額が出力されます。
税額計算で端数が発生し、請求書の税額と一致しない場合は、請求書が確定するタイミングで一致するように税額が自動調整されます。
この自動調整の詳細について説明します。

仕訳明細の税額計算方法

請求書の費用計上仕訳について、以下の計算式で仕訳明細ごとに消費税額が算出されます。
小数点以下の端数は切り捨てられるため、仕訳明細の税額合計が請求書の請求金額の税額と一致しない場合があります。
金額(税込)×(税率/(1+税率))※小数点以下切り捨て

自動調整の詳細と例

自動調整の詳細は次の通りです。
・借方の税額で調整する。貸方の税額では調整されない。
・請求書の税率ごとの税額と、仕訳明細の税率ごとの税額の合計が一致するように調整する。(税区分は考慮しない)
・同一税率の仕訳明細が複数ある場合、金額が最大の明細で調整する。(金額が最大の明細が複数存在する場合は、並び順が上位の明細で調整する)
・請求書の税率ごとの税額と税率が一致する仕訳明細が存在しない場合、その税率については調整しない。

以下、具体的な例を通してご説明します。
このような請求データがあるとします。
請求金額の税額
 10%: 4,004円  8%: 231円
仕訳明細の税額合計
 10%: 4,003円  8%: 230円
税額の差分
 10%: 1円     8%: 1円
内税・課対仕入10%

自動調整前の仕訳明細ごとの金額、税額は次の通りです。
自動調整が行われる前

請求書が確定して自動調整が行われた後の、仕訳明細ごとの金額、税額は次の通りになります。
自動調整が行われた後

自動調整により、請求金額の税額と仕訳明細の税額合計が一致しています。
請求金額の税額
 10%: 4,004円  8%: 231円
仕訳明細の税額合計
 10%: 4,004円  8%: 231円
税額の差分
 10%: 0円     8%: 0円

invox受取請求書は、どんな形式の請求書が届いても、99.9%正確にデータ化して、
請求書の受取から入力・支払・計上業務を自動化する、業界最安水準の請求書受領システムです。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービスについて知る

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

無料トライアル

請求書の自動データ化を無料でお試しください。初期設定のサポートなど、安定稼働まで手厚くフォローします。

無料で試してみる

サービスラインナップ

invox受取請求書

請求書の受領から入力、
支払、計上業務の自動化に

invox受取請求書へ

invox発行請求書

請求書の発行から売上計上、
入金消込業務の自動化に

invox発行請求書へ

invox電子帳簿保存

あらゆる国税関係の
電子取引情報・書類の保管に

invox電子帳簿保存へ