アカウント(会社)・スタッフ(ユーザ)・サービスの概念

invoxでは基本的には会社単位でアカウントを持つことが基本となり、ユーザは複数の会社にスタッフとして所属できます。
複数のアカウントにスタッフとして登録されている場合は[会社切り替え]が可能で、1アカウントで複数のサービスを申し込んでいる場合は[サービス切り替え]が可能です。

アカウント(会社)・スタッフ(ユーザ)・サービスの概念

サービス申込方法ごとのメリット・デメリット

複数サービスをご利用いただく場合、二つの申込方法があります。それぞれのメリット・デメリットについてご説明します。

1.同一アカウントで複数サービスを申込む
<メリット>
・部門、プロジェクト、役職、スタッフ、および一部の設定情報の共有が可能となり、マスタメンテナンスの手間が軽減できます。
・invox受取請求書とinvox電子帳簿保存を両方使用される場合は、書類のサービス間連携ができ、より便利に取込、参照できます。詳細はinvox受取請求書とinvox電子帳簿保存の連携をご覧ください。
・複数サービスの利用料金を纏めて一枚の請求書が発行され、支払処理の手間が軽減できます。
<デメリット>
・共有されるマスタや設定に対して変更を実施すると、利用中の全サービスに影響するため、独立した運用ができません。

2.別アカウントで複数サービスを申込む
<メリット>
・マスタや設定情報は共有されず、アカウントごとに異なる内容で設定でき、独立した運用ができます。
<デメリット>
・アカウントごとにマスタをメンテナンスする必要があります。
・サービス間の書類連携ができません。
・サービス利用料金の請求書はアカウントごとに発行されます。

複数サービスをご利用いただく場合の申込方法

同一アカウントで複数のサービスをお申込みいただく場合

お持ちのアカウントでinvoxにログインしていただき、[設定]-[サービス]-[サービス・プラン設定]からお申込みください。

別アカウントでお申込みいただく場合

各サービスサイトの「無料で試す」からお申込みください。

会社切り替えとサービス切り替え

会社切り替えは画面右上の会社名の表示部分から、サービス切り替えはメニューの[サービス切り替え]から可能です。

invox受取請求書は、どんな形式の請求書が届いても、99.9%正確にデータ化。
経理の支払・計上業務を自動化する請求書受領システムです。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービス案内資料を確認

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

試してみる

請求書の自動データ化を無料で
お試しください。

無料で試してみる

サービスラインナップ

invox受取請求書

請求書の受領から入力、
支払、計上業務の自動化に

invox受取請求書へ

invox発行請求書

請求書の発行から売上計上、
入金消込業務の自動化に

invox発行請求書へ

invox電子帳簿保存

あらゆる国税関係の
電子取引情報・書類の保管に

invox電子帳簿保存へ