請求書のデータ化項目

請求書のデータ化

標準のデータ化項目

invoxは、請求書に記載されている内容のうち、支払・振込や会計処理に必要な以下の項目を標準でデータ化します。

2019年10月に導入された区分記載請求書に対応できるよう、標準税率の10%と軽減税率の8%の税区分ごとの金額内訳をデータ化し、2023年10月から導入される適格請求書に対応できるよう、発行者法人番号までデータ化しています。

  • 発行者法人番号
  • 発行者名
  • 請求日
  • 支払期限
  • 支払先
  • 請求金額
  • 税区分ごとの金額の内訳

請求書を99.9%の精度保証でデータ化

請求書のデータ化項目

請求書に記載されていない情報のデータ化

請求書に記載されていない情報で、請求処理に必要な項目として、部門・プロジェクト・勘定科目があります。

請求データの部門設定は、部門一覧を表示し、部門を追加し、部門の設定で部門コードと部門名と親部門とメモの4項目を設定します。

プロジェクトの設定方法は、プロジェクト一覧を表示し、プロジェクトを追加し、プロジェクトの設定でプロジェクトコード・プロジェクト名・部門・メモの4項目を設定します。

勘定科目・補助科目の設定は、勘定科目一覧を表示し、勘定科目を追加し、勘定科目を設定します。

勘定科目は、アップロードした請求書全体の80%~90%程度、取引先や部門の情報から仕訳辞書を利用して推定可能です。

請求書明細のデータ化

invoxは、標準では請求書明細のデータ化を行っておりませんが、専用オペレータのオプションをご利用いただくと明細のデータ化が可能です。

専用オペレータは、エンタープライズプランでご利用いただけます。

invoxで請求書を自動データ化

invoxは、どんな形式の請求書でも99.9%正確にデータ化。
振込データや仕訳データを自動生成します。
まずは無料お試しにお申し込みいただき、個別相談会で御社の課題をヒアリングさせてください。

まずは、お試しにお申し込み

まずは、無料お試しにお申し込み

無料お試し

個別相談会で最適なプランをご提案

個別相談会で、
課題にあわせて最適なプランをご提案

個別相談会を予約

請求書の面倒なアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!

invoxは、どんな形式の請求書でも、
99.9%正確に振込データや仕訳データを生成し、
経理の支払・計上業務を自動化するクラウドサービスです。

無料で試す