請求書のデータ化項目

invox受取請求書でデータ化される項目について説明します。

標準のデータ化項目

invox受取請求書は、請求書に記載されている内容のうち、支払や計上に必要な以下の項目を標準でデータ化します。

インボイス制度に対応して、標準税率10%と軽減税率8%の税区分ごとの金額内訳をデータ化します。
これらの項目について「オペレータ確認あり」でデータ化をご依頼いただいた場合は99.9%以上の精度を保証いたします。
「オペレータ確認なし」でデータ化をご依頼いただいた場合は精度保証の対象外となります。

  • 発行者名
  • 請求日
  • 支払期限
  • 支払先口座
  • 請求金額
  • 税区分ごとの金額の内訳

※外貨の場合のデータ化項目は請求書の外貨対応をご覧ください。

オペレータ確認ありによるデータ化時の注意点

支払方法

仕入先マスタに支払方法が1つも登録されていない場合は、請求書記載の内容を支払方法として登録します。
仕入先マスタに支払方法が1つでも登録されている場合は、仕入先マスタに設定されたデフォルトの支払方法と請求書の内容を確認し、差異があっても仕入先マスタへの追加は行わず、次のメッセージを付与してデータ化します。
「仕入先に設定されているデフォルトの支払方法が、請求書から確認できませんでした。」

口座名義

全銀形式の振込データでは口座名義は半角カナ・英数字・一部の記号のみが利用可能です。
請求書に口座名義が漢字で記載されている場合は、正しい読みに変換できない可能性があるためデータ化の対象外となります。

AI OCRによるデータ化項目

標準のデータ化項目以外の項目は常にAI OCRによる読み取りとなるため、「オペレータ確認あり」でデータ化をご依頼頂いた場合も精度保証の対象外となります。
読み取る項目の設定は読み取り設定をご覧ください。

読み取った請求明細は仕訳辞書の設定や請求データ出力で、その他の項目は請求データ出力でご利用いただけます。
詳細は下記のヘルプをご覧ください。
請求明細から仕訳辞書を生成する
請求データのフォーマット

invox受取請求書は、どんな形式の請求書が届いても、99.9%正確にデータ化して、
請求書の受取から入力・支払・計上業務を自動化する、業界最安水準の請求書受領システムです。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービスについて知る

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

無料トライアル

請求書の自動データ化を無料でお試しください。初期設定のサポートなど、安定稼働まで手厚くフォローします。

無料で試してみる

サービスラインナップ

invox受取請求書

請求書の受領から入力、
支払、計上業務の自動化に

invox受取請求書へ

invox発行請求書

請求書の発行から売上計上、
入金消込業務の自動化に

invox発行請求書へ

invox電子帳簿保存

あらゆる国税関係の
電子取引情報・書類の保管に

invox電子帳簿保存へ