読み取り項目設定

invox受取請求書の読み取りに関する設定は以下のステップで行います。

サービス設定を表示する

[設定]-[サービス]をクリックしてください。
サービス設定を表示

読み取り項目設定を開く

中段に表示されているデータ化に関する設定 – 読み取り項目設定の[設定]をクリックしてください。
読み取り項目設定を開く

読み取り項目設定

読み取り項目設定

①支払方法や口座情報を読み取る
データ化方法に限らず、有効な場合に請求書から支払方法や口座情報を読み取ります(すでに仕入先マスタに支払方法が登録されている場合はマスタの更新は行われません)。
無効な場合は支払方法や口座情報は読み取りません。
他システムで支払方法を管理していてinvoxでは支払方法を扱う必要が無い場合は無効にしてください。

②請求書から複数の口座情報が読み取れた場合に、銀行口座設定にある銀行の口座をデフォルトの支払先口座とする
請求書から複数の口座が読み取れた場合で、その中に銀行口座設定でデフォルト口座として登録されている銀行の口座が1件のみの場合、その口座が仕入先マスタのデフォルトの支払先口座となり、請求書にも設定されます。
デフォルト口座として登録されている銀行の口座が読み取れない場合や、デフォルト口座として登録されている銀行の口座が複数読み取れた場合は、仕入先マスタのデフォルトの支払先口座が請求書に設定されます。
仕入先マスタにデフォルトの支払先口座が登録されていない場合は、請求書の支払先口座が設定されません。

③条件に一致する口座が無かった場合に、最初に読み取れた口座をデフォルトに設定する
請求書から読み取れた口座の中にデフォルト口座や銀行口座設定にある口座が無かった場合も、最初に読み取れた口座が仕入先マスタのデフォルトの支払先口座となり、請求書にも設定されます。
運用上、常に何らかの口座情報を設定したい場合にご利用ください。

④AIによる読み取り
設定した項目をAIで読み取ります(オペレータ確認の対象外です)。
2ページ目以降の明細はプロフェッショナルプランをご利用の場合のみ選択可能です。

⑤前月繰越がある場合に、繰越を含まない金額(今回売上高等)を請求金額として読み取る
請求金額ではなく、繰越金額を除いた今回売上高等を請求金額として読み取る場合に設定を有効にします。

⑥デフォルトの支払先口座が請求書から確認できない場合にオペレータによる口座情報の入力を行う
デフォルトの支払先に設定されている口座情報が請求書から確認できなかった場合にオペレータによる口座入力を行います。
ワンタイム口座など、都度口座番号が変わる仕入先がある場合に有効にします。

invox受取請求書は、どんな形式の請求書が届いても、99.9%正確にデータ化して、
請求書の受取から入力・支払・計上業務を自動化する、業界最安水準の請求書受領システムです。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービスについて知る

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

無料トライアル

請求書の自動データ化を無料でお試しください。初期設定のサポートなど、安定稼働まで手厚くフォローします。

無料で試してみる

サービスラインナップ

invox受取請求書

請求書の受領から入力、
支払、計上業務の自動化に

invox受取請求書へ

invox発行請求書

請求書の発行から売上計上、
入金消込業務の自動化に

invox発行請求書へ

invox電子帳簿保存

あらゆる国税関係の
電子取引情報・書類の保管に

invox電子帳簿保存へ