タイムスタンプ設定

タイムスタンプ設定ではアップロードした書類に対してタイムスタンプ付与のON/OFFを切り替えられます。
タイムスタンプ設定はサービスごとに行っていただく必要がありますので複数サービスをご利用いただいている場合は各サービスで設定を行ってください。
本機能はベーシックプラン以上でご利用可能です。
タイムスタンプの付与が可能なファイルのサイズは100MBまでとなります。

タイムスタンプとは

タイムスタンプはある時刻においてその電子データが存在しており、その後変更が無いことを証明するための技術です。
電子帳簿保存法においても電子データが存在していたこと、また改ざんされていないことを担保するためにタイムスタンプの利用が選択肢の1つとなっています。

なお、タイムスタンプは自身のPCや自社のサーバで付与できるものではなく「時刻認証局」というサービスを利用する必要があり、付与したタイムスタンプを検証する際も「時刻認証局」を利用する必要があります。
この事から電子帳簿保存法の運用にタイムスタンプを利用する場合は、タイムスタンプに対応した何らかのサービスを利用し続ける必要があるという点に注意してください。

invoxにおけるタイムスタンプ

電子帳簿保存法では下記のいずれかの保存上の措置を行うことが求められています。
1.タイムスタンプが付与された書類の受領
2.タイムスタンプの付与
3.訂正削除の記録が残る/訂正削除ができないシステムの利用
4.訂正削除の防止に関する事務処理規定の備え付け

タイムスタンプはベンダーごとの互換性が無いなどの問題があったためinvoxでは「3.訂正削除の記録が残る/訂正削除ができないシステムの利用」,「4.訂正削除の防止に関する事務処理規定の備え付け」を組み合わせての対応を推奨していました。

今回互換性の問題が解消されたため「2.タイムスタンプの付与」にも対応するものですが「3.訂正削除の記録が残る/訂正削除ができないシステムの利用」,「4.訂正削除の防止に関する事務処理規定の備え付け」が柔軟かつシステムに依存しない運用が可能なため、引き続きこれらの組み合わせによる対応を推奨しています。

電子帳簿保存法の詳細については下記動画をご覧ください。

改正内容について知りたい方
具体的な運用の検討をされる方

タイムスタンプ付与方式

タイムスタンプには2つ方式があります。
1.PDFにタイムスタンプを埋め込む方式
2.タイムスタンプのファイルを別で保管し、元のファイルとセットで扱う方式

invoxでは「1.PDFにタイムスタンプを埋め込む方式」を採用しており、アップロードされたファイルがPDFファイルの場合は元のファイルにタイムスタンプを付与したファイルを生成します。
アップロードされたファイルが画像ファイルなどPDFファイル以外の場合は、下記の流れで添付ファイル付きのPDFファイルにタイムスタンプが付与されます。
1.PDFファイルを新たに作成
2.作成したPDFファイルにアップロードされた画像等のファイルを添付
3.画像等のファイルが添付されたPDFファイルにタイムスタンプを付与

※アップロードされたファイルがPDFファイルの場合でも、PDFの作成方法によってはタイムスタンプの付与でエラーになる場合があります。その場合は画像ファイルがアップロードされた場合と同様の流れでPDFファイルにPDFファイルが添付された状態でタイムスタンプ付きのPDFファイルが生成されます。
データ取込で取り込まれたファイルにはタイムスタンプは付与されません。

タイムスタンプ設定の有効化

タイムスタンプ機能を有効にする場合は[設定]-[サービス]-[タイムスタンプ設定]を開き「取り込んだ書類に対してタイムスタンプを付与する」をチェックして保存してください。
タイムスタンプ設定
タイムスタンプ設定が有効になるとそれ以降にアップロードした書類については数分程でタイムスタンプが付与されます。
また既に登録されている書類についても順次タイムスタンプが付与されます。

タイムスタンプ情報の確認

各書類のメニューから「タイムスタンプの情報を表示」を選択するとタイムスタンプ情報が表示されます。
タイムスタンプの情報を表示
タイムスタンプ情報
「タイムスタンプ付きデータのダウンロード」を選択するとタイムスタンプ付きのPDFがダウンロードされます。
ダウンロードしたファイルをAdobe Acrobat Readerで開くと添付ファイルやタイムスタンプの情報が確認できます。
※添付されているファイルの形式によってはPDFのセキュリティにより開くことができない場合があります。
 例えば、以下のファイルは開けません。
 ・実行形式のファイル(拡張子EXE,BATなど)
 ・ZIP圧縮ファイル(拡張子ZIP)
 ・拡張子のないファイル
 ・マクロ付きのオフィスファイル(拡張子XLSM、DOCMなど)
 Acrobat Readerのセキュリティの詳細はAcrobat および Acrobat Reader のセキュリティリスクとしての添付ファイルを確認してください。
添付ファイルやタイムスタンプ情報の確認

タイムスタンプの検証

個別検証

個別にタイムスタンプの検証を行う場合は、各書類データのメニューから「タイムスタンプの情報を表示」を選択します。
タイムスタンプの情報を表示
「タイムスタンプを検証する」を選択するとタイムスタンプの検証が行われ検証日時と検証結果が更新されます。
タイムスタンプを検証する

一括検証

一括検証機能では取込日の範囲を指定(最長1年間)してタイムスタンプの一括検証を行う事が出来ます。
invox受取請求書から連携された請求書は、invox電子帳簿保存での一括検証の対象外となります。必要な場合はinvox受取請求書で一括検証を行ってください。
タイムスタンプを一括で検証する

一括検証が完了すると「[invox]タイムスタンプの検証が完了しました」の件名で検証結果がメールで通知されます。メールには下記のように書類IDごとの検証結果がcsvファイルで添付されています。
書類IDごとの検証結果

一括出力

一括データ出力で、出力するファイルの形式を「元のファイル」「タイムスタンプ付きのPDFファイル」から選択できます。
詳細は「一括データ出力」をご覧ください。

invox電子帳簿保存は、電子帳簿保存法の電子取引とスキャナ保存の要件に対応。紙でも、電子でも、あらゆる国税関係書類を検索要件に必要な日付・ 金額・取引先を自動でデータ化して電子保存する、業界最安水準の文書管理システムです。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービスについて知る

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

無料トライアル

書類の電子保存を無料でお試しください。初期設定のサポートなど、安定稼働まで手厚くフォローします。

無料で試してみる

サービスラインナップ

invox受取請求書

請求書の受領から入力、
支払、計上業務の自動化に

invox受取請求書へ

invox発行請求書

請求書の発行から売上計上、
入金消込業務の自動化に

invox発行請求書へ

invox経費精算

経費精算の電子化と
支払、計上業務の自動化に

invox経費精算へ

invox電子帳簿保存

あらゆる国税関係の
電子取引情報・書類の保管に

invox電子帳簿保存へ