一般的な請求書データ化サービスとinvoxの違い

請求書のデータ化

一般的なAI-OCRを利用した請求書データ化サービスとinvoxの違いについて、下記5つの観点から説明します。

  1. データ化項目・精度
  2. 確認のしやすさ
  3. 業務との適合度
  4. 新制度への対応
  5. データ化に要する時間

なお、本記事では「請求書のレイアウトをAIが推定し、項目情報をOCRにてデータ化するサービス」を「一般的な請求書データ化サービス」と表現しています。
Bill One(ビルワン)やsweeep、invoxなど受取請求書データ化サービスの比較もあわせてご覧ください。

データ化項目・精度

サービスによってデータ化できる項目や精度に違いがあります。
請求書の合計金額だけでなく、消費税額や源泉徴収税額もデータ化されるかなど、自社の業務に必要な情報が得られるかどうか、また現制度だけでなく新制度で必要になる項目も対応可否の確認が必要です。

invoxがデータ化する項目は、請求書のデータ化項目を参照してください。

精度は、invoxの99.9%に対し、一般的な請求書データ化サービスは80~90%が現実的な精度になっています。
さまざまなパターンの請求書を試し、自社の業務に必要な精度を満たしているか確認しましょう。

関連記事
請求書を99.9%正確にデータ化する仕組み

確認のしやすさ

確認作業は、入力作業に次いで時間がかかる工程です。

紙と画面を見比べながらの確認作業では効率化が難しいので、請求書画像とデータ化された内容を見比べながら確認できる画面があることが望ましいです。

また、確認ポイントの強調表示など確認補助機能があるかどうかでも確認に要する時間・確認の精度は大きく変わります。

業務との適合度

通常、請求書の処理の際は請求書に記載されていない部門やプロジェクト、勘定科目などの情報が必要です。
これらの情報をどのタイミングでどう追加していくのか、自社での業務に照らし合わせて考える必要があります。

一般的な請求書データ化サービスではそこまで考えられていないものもあり、既存システムの追加開発や別途入力画面の開発が必要になる場合があります。

invoxでは、請求書の処理業務全体の業務フロー・データ化フローを最適化、画面をカスタマイズした上で業務にフィットしたサービスを提供します。

新制度への対応

請求書にはこれから軽減税率(区分記載請求書)やインボイス制度(適格請求書・不適格請求書)などさまざまな制度の変更が待っているため、これらの制度に対応できるかどうかが大きなポイントです。

一般的な請求書データ化サービスでは、見たことのない(AIが学習していない)パターンへの対応が難しいケースがあります。

invoxではオペレータが確認を行うため、新制度にも柔軟な対応が可能です。

関連記事
軽減税率・インボイス制度導入後の請求書の種類

データ化に要する時間

invoxではオペレータによる確認作業が入るため最大1営業日かかりますが、オペレータ確認を介さない一般的な請求書データ化サービスでは数秒から数十秒でデータが返却されます。

取引先からどんな形式の請求書が届いても、
めんどうな請求処理のアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!
invoxを無料で試す