AI OCRによる受け取り請求書の即時データ化

請求書のデータ化

invoxは、99.9%以上のデータ化精度を保証するオペレータ確認ありのデータ化のほか、オペレータ確認なしでAI OCRによるデータ化結果の即時返却にも対応しています。

普段はオペレータ確認ありの正確なデータを利用し、急ぎの場合はオペレータ確認なし(AI OCR)の結果を利用するなど、状況に合わせた利用が可能です。

  • オペレータ確認なしで読み取られるのは1ページ目のみです
  • オペレータ確認なしの場合は数分でデータ化が完了します
  • 日付や金額など何らかのデータが読み取られた際に費用が発生します
  • 追加でオペレータへの確認依頼が可能ですが、確認には依頼をしてからプランに応じた日数がかかります(数時間~1営業日もしくは3営業日)
  • 追加でオペレータへの確認依頼を行った場合、オペレータ確認ありの場合と同様のデータ処理料金が発生します

データ化方法の設定

データ化方法は[設定]-[サービス]-[データ化方法設定]から指定可能です。
データ化方法設定

データ化方法の確認

AI OCRによる即時データ化(オペレータ確認なし)の場合、請求一覧画面で下記のアイコンが付きます。
オペレータ確認なしの請求一覧画面
明細画面でも同じアイコンが表示され、後からオペレータへの確認依頼をすることも可能です。
オペレータ確認なしの明細画面

アップロード設定でデータ化方法(オペレータ確認あり・なし)を指定

アップロード設定で以下からデータ化方法を指定いただけます。

  • 固定値:オペレーター確認あり
  • 固定値:オペレーター確認なし
  • 都度選択:オペレーター確認ありをデフォルト
  • 都度選択:オペレーター確認なしをデフォルト

アップロード設定でデータ化方法を指定

オペレータ確認キャンセル時にAI OCRの結果を表示

2021年4月のアップデートで「オペレーター確認あり」でデータ化を開始し、完了前にキャンセルした場合にAI OCRの結果を利用できるようになりました。

受取請求書の面倒なアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!

invoxは、どんな形式の請求書が届いても、
99.9%正確に振込データや仕訳データを生成。
受取請求書に伴う経理の支払・計上業務を自動化します。

無料で試す