invoxの要件定義

invox(インボックス)

請求書の処理業務を効率化するには、請求書に記載されている内容をデータ化するだけでは十分ではありません。

計上する部門やプロジェクト、勘定科目など請求書に記載されていないデータを付加してはじめて業務で利用可能な情報になります。

invoxのエンタープライズプランは、業務に利用できる情報をどのように作成し、どのように業務を自動化していくのか、導入前の要件定義で明確にします。
※ミニマム/ベーシック/プロフェッショナルプランは、要件定義を行わず、ご利用いただけます。

要件定義の流れ

invoxの要件定義は、大きく下記4つのステップで進めます。

STEP1: 業務フロー整理

業務フロー整理では、現在の業務フローのヒアリングとディスカッションを通じて、導入後の業務フローを定義します。

STEP2: データフロー整理

データフロー整理では、請求書に記載されていない情報(部門・プロジェクト・勘定科目など)を含め、データ完成までの流れを整理します。

STEP3: データ化ルール設計

生成するデータのパターンを洗い出し、データ化ルールの設計を行います。

STEP4: データ連携仕様設計

データ連携仕様設計では、連携すべきデータの連携方法やタイミング、項目を精査します。

要件定義の成果物

要件定義の成果物として、下記ドキュメントおよび設計書を納品します。

  • 導入後の業務フロー図
  • 導入後のデータフロー図
  • データ化ルール設計書
  • 導入効果シミュレーション
  • 導入費用(初期、ランニング)のお見積り
取引先からどんな形式の請求書が届いても、
めんどうな請求処理のアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!
invoxを無料で試す