適格請求書発行事業者の登録番号を発行してもらうには

適格請求書等保存方式(インボイス制度)

2023年10月1日にインボイス制度(適格請求書等保存方式)がはじまるにあたり、適格請求書発行事業者にならないと、適格請求書を発行できなくなります。

適格請求書でないと仕入税額控除ができなくなることから、適格請求書発行事業者以外との取引を嫌がる会社が出てくるのではないかと懸念されています。

適格請求書発行事業者の登録番号を発行する手順

税務署の入口

適格請求書発行事業者の登録申請書を税務署に提出し、審査を経て登録番号が通知されると、適格請求書発行事業者になります。

登録申請書は、インボイス制度導入の2年前となる2021年10月1日から提出が可能です。
審査に時間がかかることから、導入時点で登録されるには、インボイス制度導入半年前の2023年3月31日までの提出が推奨されています。

適格請求書発行事業者になると、取引先が要求した場合に適格請求書を発行し、適格請求書のコピーを自分で保存しておかなければならない2つの義務が生じます。

適格請求書発行事業者になるだけでなく、適格請求書の書き方を把握しておきましょう。

適格請求書発行事業者に発行される登録番号

適格請求書発行事業者の登録番号は、法人番号がある場合は「T+法人番号」、法人番号がない個人事業主などは「T+13桁の数字」が発行されます。

invoxはインボイス制度(適格請求書等保存方式)に対応します

invoxは2023年10月にはじまるインボイス制度(適格請求書等保存方式)に対応します。
インボイス制度(適格請求書等保存方式)についてお悩みの場合、無料お試しにお申し込みの上、
個別相談会で詳細をご相談ください。

まずは、お試しにお申し込み

まずは、無料お試しにお申し込み

無料お試し

個別相談会でインボイス制度(適格請求書等保存方式)についてご相談

個別相談会で、
インボイス制度(適格請求書等保存方式)についてご相談

個別相談会を予約

請求書の面倒なアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!

invoxは、どんな形式の請求書でも、
99.9%正確に振込データや仕訳データを生成し、
経理の支払・計上業務を自動化するクラウドサービスです。

無料で試す