さまざまなサービスと連携して請求書を取り込む(Zapier)

各種設定, 請求書のスキャン・アップロード

invoxは標準でメール、Google Driveからの請求書取り込みに対応していますが、Zapierというサービスと連携することで、DropboxやSlackなど多様なサービスとの連携が可能になります。

Zapierとは

ZapierはTwitterやFacebook、Gmail、Instagram、Evernote、Dropboxなど様々なサービスを連携させるためのサービスです。Zapierの基本的な内容は、下記のサイトを参考にしてください。

ferret Zapier(ザピエル)とは?非エンジニアでもルーチン作業を自動化できるツールの使い方を解説

Slackとinvoxを連携させる

ここでは、仕入先との請求書をSlackでやり取りしているケースを想定し、Slackの特定のチャネルにファイルがポストされたら自動でGoogle Driveへと連携する設定を行います(Google Driveから先はinvoxの標準機能で取り込みます)。
Slack以外のサービスをご利用の場合は、Slackの部分を読み替えて頂くと同様の連携が実現可能です。
Slackとinvoxを連携させる

ステップ1:Zap(ワークフロー設定)の作成

Make a Zap!
Zappierにアカウントを登録し、メニューから”Make a Zap!”を選択します。

ステップ2:連携のトリガーとしてSlackへのファイル投稿を設定

Slackを選択
検索フィールドで”Slack”を検索し、Slackを選択します。

Slackの認証
Trigger Eventに”New File”を選択しCONTINUEを押し、Slackの認証を行います。

トリガーが設定
認証が済んだら対象のチャンネルを設定しCONTINUEを押すと、連携のきっかけとなるトリガーが設定できます。

ステップ3: Google Driveへの連携を設定

アップロードの設定
続いてGoogleDriveへのアップロードの設定を行います。
検索フィールドで”Google”を検索し、Google Driveを選択します。

Upload File
Action Eventに”Upload File”を選択しCONTINUEを押します。

Google Driveとの認証
先ほどと同様にGoogle Driveとの認証を済ませ、Drive、Folder、Fileを選択します。

ZapをON
設定が完了したら作成したZapをONにします。

正常に設定が完了していると、Slackの対象チャンネルにファイルをアップロードすると
Google Driveにも連携されるようになっています。

Google Driveとinvoxの連携についてはinvoxとGoogle Driveの連携の設定方法を参照してください。

取引先からどんな形式の請求書が届いても、
めんどうな請求処理のアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!
invoxを無料で試す