Google Drive連携による請求書アップロードの取り込み設定

各種設定, 請求書のスキャン・アップロード

invoxにおけるGoogle Drive連携による請求書アップロードの取り込み設定は以下のステップで行います。

1.invox取り込み用のフォルダを作成

Google Driveにinvox取り込み用のフォルダを作成してください。

2.取り込み用のGoogleアカウントを作成

invox取り込み用の専用Googleアカウントを新規作成してください。
作成方法は、Google アカウントの作成をご参照ください。

3.取り込み用アカウントへ編集権限を付与

作成して頂いたinvox取り込み用の専用Googleアカウントに、invox取り込み用のフォルダへの編集権限を付与してください。
※取り込み後ファイル移動する場合、移動先のフォルダにも同様に編集権限を付与してください。
権限付与は、Google ドライブでフォルダを共有するをご参照ください。

4.サービスページを表示

サービスページを表示
invoxにログインし、サイドメニューの[設定 > サービス]をクリックしてください。

5.設定画面を表示

設定画面を表示
中ほどに表示されている取り込みに関する設定-Google Drive取り込み設定の[設定]をクリックしてください。

6.Google Drive取り込み設定一覧の表示

Google Drive連携設定一覧の表示
右上の[接続/再接続]をクリックしてください。

7.取り込み用アカウントでinvoxを許可

連携用アカウントを選択
作成して頂いたinvox取り込み用の専用Googleアカウントを選択してください。

[許可]をクリック
表示された文章をご確認いただき[許可]をクリックしてください。
※許可したアカウントに「セキュリティ通知」というメールおよびメッセージが送信されます。
※許可したアカウントがリンク設定されているアカウントに「リンクされている Google アカウントのセキュリティ通知」というメールおよびメッセージが送信されます。

8.Google Driveフォルダ設定の表示

6.Google Driveフォルダ設定の表示
元の画面が表示されます。右上の[追加]をクリックしてください。

9.Google Driveフォルダ設定

7.Google Driveフォルダ設定
設定が完了したら、右上の[保存]をクリックしてください。

1.URL

invox取り込み用のフォルダのURLをアドレスバーからコピーして、URL欄に貼り付けてください。

2.下位フォルダも検索する

上記で設定したフォルダの下位フォルダも検索対象とする場合は、チェックを入れてください。
※こちらにチェックを入れて、設定フォルダ内にフォルダ作成して頂くことで、アップロードする請求書を設定したフォルダ内でさらにフォルダ分けできます。

3.アップロード設定

必要に応じて、事前に登録したアップロード先を選択してください。
アップロード設定を使用する場合、請求書のアップロード先を設定から事前に登録が必要です。

4.請求書区切り

必要に応じて、請求書区切りを選択してください。

5.取り込み後のアクション

取り込み後にファイルを自動で移動したい場合、チェックを入れてURL欄に移動先のフォルダURLを入力してください。
移動先フォルダへも3.取り込み用アカウントへ編集権限を付与が必要です。
※既に取り込み済みのファイルも、移動する設定に変更すると移動されます。
※移動先に同名のファイルがある場合、(1)等の通番をファイル名の後ろに付けて移動します。

10.Google Driveフォルダ表示

10.Google Driveフォルダ表示
該当のフォルダが表示されていることを確認してください。
以上でGoogle Drive取り込みの設定は完了です。

新たに取り込み用フォルダを作成する場合や、異なる設定のフォルダを作成する場合は8.~9.の操作を繰り返してください。

請求書の面倒なアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!

invoxは、どんな形式の請求書でも、
99.9%正確に振込データや仕訳データを生成し、
経理の支払・計上業務を自動化するクラウドサービスです。

無料で試す