データ化のルールと件数のカウント方法

請求書のデータ化

invox受取請求書におけるデータ化のルールと件数のカウント方法について説明します。

共通ルール

オペレータ確認ありの場合
・1件の請求書が複数ページの場合は、すべてのページからデータ化対象の項目を探してデータ化します
・独立した複数の請求書が含まれる場合は、1件目の請求書をデータ化し「複数の請求書が含まれています。複数の請求書として処理したい場合は、アップロード時に”1ページを1請求書として取り込む”を選択してください。」等の警告をつけてお返しします
・1ページ目のみAIが明細を読み取りデータ化します
・1件単位で料金が発生しますが、データ化不可で返却された場合は料金は発生しません

オペレータ確認なし(AI OCRのみ)の場合
・AIがデータ化するのは常に1ページ目のみとなり、2ページ目以降のデータ化は行われません(2ページ目以降の明細のデータ化は今後対応予定です)
・1件(=1ページ)単位で料金が発生し、データ化不可で返却された場合は料金は発生しません
※オペレータ確認なしの場合のデータ化不可の条件は「仕入先、日付(請求日、支払期限)、金額(請求金額、税区分ごとの内訳、源泉徴収金額)のいずれも読み取りができなかった場合」となります

以下に、具体的な例で説明します。

ケース①:1枚目が表紙、明細ページが続いて、最終ページに合計金額が記載されている場合

1枚目が表紙、明細ページが続いて、最終ページに合計金額が記載されている場合

オペレータ確認ありでデータ化
・1ページ目から仕入先等の情報、最終ページから合計金額をオペレータが読み取ってデータ化します
・1ページ目のみAIが明細をデータ化します

オペレータ確認なし(AI OCRのみ)でデータ化
・1ページ目をAIがデータ化し、読み取れた項目を返却します

ケース②:1ページ目に送付状がある場合

1ページ目が送付状の場合

オペレータ確認ありでデータ化
・2ページ目から仕入先等の情報、最終ページから合計金額をオペレータが読み取ってデータ化します
・1ページ目のみAIが明細をデータ化します(明細が読み取れずに返却される可能性が高いです)

オペレータ確認なし(AI OCRのみ)でデータ化
・1ページ目をAIがデータ化し、読み取れた項目を返却します(読み取り不可で返却される可能性が高いです)

ケース③:独立した請求書が複数含まれている場合

複数の独立した請求書が含まれている場合

オペレータ確認ありでデータ化
・1件目の請求書をデータ化し「複数の請求書が含まれています。複数の請求書として処理したい場合は、アップロード時に”1ページを1請求書として取り込む”を選択してください。」等の警告をつけてお返しします
・1ページ目のみAIが明細をデータ化します

オペレータ確認なし(AI OCRのみ)でデータ化
・1ページ目をAIがデータ化し、読み取れた項目を返却します

受取請求書の面倒なアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!

invoxは、どんな形式の請求書が届いても、
99.9%正確に振込データや仕訳データを生成。
受取請求書に伴う経理の支払・計上業務を自動化します。

無料で試す