invoxは2023年10月1日に導入される「インボイス制度」に対応します

適格請求書等保存方式(インボイス制度)

2023年10月1日からインボイス制度(適格請求書等保存方式)が導入されます。

本ページには、invoxのインボイス制度への対応方針を記載していますが、インボイス制度の詳細は『インボイス制度 パーフェクトガイド』で解説しておりますので、あわせてご覧ください。

invox受取請求書の「インボイス制度」への対応方針

適格請求書発行事業者の登録番号を読み取ります

適格請求書には以下6項目の記載が必要です。
invoxはインボイス制度の導入に合わせて、現在のデータ化項目に加え、適格請求書発行事業者の登録番号を読み取ります。
(参考:国税庁 適格請求書の記載事項

  1. 適格請求書発行事業者の名称および登録番号
  2. 取引年月日
  3. 取引内容(軽減税率対象品目の場合はその旨)
  4. 税率ごとに合計した対価の額(税抜きまたは税込み)および適用税率
  5. 消費税額(端数処理は一請求書あたり税率ごとに1回ずつ)
  6. 書類の交付を受ける事業者の名称

読み取った登録番号の有効性をチェックします

読み取った適格請求書発行事業者の登録番号を国税庁 インボイス制度 適格請求書発行事業者公表サイトのデータベースと照合して有効性をチェックし、有効性が確認できなかった場合は警告メッセージをつけて返却します。

受取請求書の面倒なアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!

invoxは、どんな形式の請求書が届いても、
99.9%正確に振込データや仕訳データを生成。
受取請求書に伴う経理の支払・計上業務を自動化します。

無料で試す