請求書に記載されていない情報のデータ化

請求書のデータ化

請求書に記載されていない情報で業務に必要になる主な項目として、部門・プロジェクト・勘定科目があります。
部門とプロジェクトは推測が難しいため、以下いずれかの対応が必要です。

  1. 請求書の取り込み時に指定
  2. データ化結果の確認時に指定
  3. 請求書に追記された情報を読み取る(オプションサービス)

勘定科目は、全体の80~90%程度、取引先や部門の情報から仕訳辞書を利用して推定可能です。

仕訳辞書の内容は請求書の仕訳辞書をご覧ください。

取引先からどんな形式の請求書が届いても、
めんどうな請求処理のアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!
invoxを無料で試す