楽楽精算の内訳マスタをinvoxにインポートする手順

楽楽精算の内訳マスタをinvoxにインポートする手順について説明します。

楽楽精算で内訳マスタを出力する

楽楽精算にログインしていただき、「管理タブ > 内訳マスタ」画面で「CSV出力」ボタンクリックして内訳マスタのCSVファイルを出力します。

インポートファイルサンプルに内訳マスタの内容をコピーする

楽楽精算の内訳はinvoxの勘定科目に対応しますのでインポートできるファイル(勘定科目)から、invoxの勘定科目(標準形式)のインポートファイルサンプルをダウンロードします。

内訳マスタのCSVファイルの内容を、ダウンロードした勘定科目のサンプルに下記の様にコピーします。
・内訳コード → 勘定科目コード
・内訳名 → 勘定科目名

invoxにファイルをインポートする

invoxにログインしていただき、設定→インポートの画面を開きます。
「インポートするデータを選択」で「勘定科目」、「データ形式を選択」で「標準形式」を選択し、ファイル選択で先程編集したファイルを選択します。
インポート実行していただくと、内訳マスタが勘定科目マスタとして、invoxに連携され、請求書の取引明細にて、内訳として選択できるようになります。
詳細なインポートの手順についてはマスタのインポート方法をご覧ください。

invox受取請求書は、どんな形式の請求書が届いても、99.9%正確にデータ化。
経理の支払・計上業務を自動化します。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービス案内資料を確認

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

試してみる

請求書の自動データ化を無料で
お試しください。

無料で試してみる