仕入先コード制御設定

各種設定

会計ソフトなど他システムとデータ連携を行う場合、連携先のシステムによっては仕入先マスタにコードを設定する場合があります。

invoxでは請求書をデータ化する際に請求書に必ず仕入先が紐づき、請求書に対応する仕入先が仕入先マスタに存在しないと、仕入先マスタが新たに登録されます。

この仕入先マスタにはコードが設定されていないため、そのまま処理を続行するとデータ連携で問題が発生する場合があります。
そのような問題を防ぐため、コードが設定されていない仕入先が紐づく請求書の処理を途中で止める制御を以下のステップで行えます。

1.サービスページを表示

サービスページを表示
サイドメニューの[設定 > サービス]をクリックしてください。

2.仕入先コード制御設定を表示

仕入先コード制御設定を表示
「仕入先コード制御設定」内の[設定]をクリックしてください。

3.仕入先コード制御設定


仕入先コードによる制御内容を設定します。
設定が完了したら、右上の[保存]をクリックしてください。

1.仕入先コードが設定されていない仕入先の場合の警告メッセージ

仕入先コードが設定されていない請求書に警告メッセージを表示する場合、チェックをONにしてメッセージの内容を入力してください。

2.仕入先コードが設定されていない仕入先の場合に不可とする操作

仕入先コードが設定されていない請求書で不可とする操作のチェックをONにしてください。
ワークフローを使用しない設定の場合、「最終承認/確定」以外のチェックをONにしてもシステムの動きは変わりません。
「承認」をONにすると、複数ステップのワークフローの途中の承認が行えなくなります。
「最終承認/確定」をONにすると、ワークフローを使用する設定の場合は最終承認が、ワークフローを使用しない設定の場合は確定が行えなくなります。

3.仕入先コード有無による振込データ出力制御

仕入先コードの有無により、請求書を振込データの出力対象とするか否かの設定を行います。

受取請求書の面倒なアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!

invoxは、どんな形式の請求書が届いても、
99.9%正確に振込データや仕訳データを生成。
受取請求書に伴う経理の支払・計上業務を自動化します。

資料をダウンロード