源泉徴収金額の自動計算

請求金額より源泉徴収金額を自動計算する方法について説明します。

仕入先を源泉徴収対象に設定する

仕入先編集画面で、法人/個人区分に[個人]を選択し、源泉徴収[対象]をチェックします。
源泉徴収で対象をチェック
当仕入先からの請求書が毎月源泉徴収金額の計算対象となる場合は、[請求処理時の指示]欄にメッセージを記載すると、請求書データに警告メッセージとして表示され、リマインド用に便利です。

源泉徴収金額を自動計算する

請求データの詳細画面で、日付・金額に関する情報の右にある[編集]ボタンをクリックします。
編集ボタンをクリック

開いた編集画面で源泉徴収金額欄の下の[自動計算]をクリックします。
※仕入先が源泉徴収対象と設定されていない場合は、[自動計算]は表示されません
自動計算をクリック

源泉徴収対象金額を選択、または直接入力した上、[源泉徴収金額を請求書に反映する]をクリックします。
源泉徴収金額を請求書に反映するをクリック

源泉徴収金額が反映されたことを確認し、[保存]をクリックします。
保存をクリック

invox受取請求書は、どんな形式の請求書が届いても、99.9%正確にデータ化。
経理の支払・計上業務を自動化する請求書受領システムです。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービス案内資料を確認

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

試してみる

請求書の自動データ化を無料で
お試しください。

無料で試してみる

サービスラインナップ

invox受取請求書

請求書の受領から入力、
支払、計上業務の自動化に

invox受取請求書へ

invox発行請求書

請求書の発行から売上計上、
入金消込業務の自動化に

invox発行請求書へ

invox電子帳簿保存

あらゆる国税関係の
電子取引情報・書類の保管に

invox電子帳簿保存へ