invox受取請求書、invox発行請求書、invox電子帳簿保存を組み合わせて利用する

invox受取請求書やinvox発行請求書、invox電子帳簿保存を連携させてご利用いただくと、
請求書に見積書や納品書など関連するファイルを紐づけながら、invox電子帳簿保存へ連携して一元管理が可能です。
※連携を行った場合は受取請求書はinvox受取請求書で、発行請求書はinvox発行請求書で、その他の書類はinvox電子帳簿保存でデータ処理料金が発生します。

上記の図とは逆にinvox電子帳簿保存を入り口として受取請求書をinvox受取請求書へと連携する事も可能です。詳細は下記の「ケース②invox電子帳簿保存を入り口にして受取請求書はinvox受取請求書へ連携する」を参照してください。

連携の前提条件

invox受取請求書とinvox電子帳簿保存の連携を行うには下記の2点の前提条件を満たす必要があります。

同一アカウントでinvoxの各サービスを申し込む

[設定]-[サービス]-[サービス・プラン設定]からinvox受取請求書やinvox発行請求書、invox電子帳簿保存を申し込み1つのアカウントで複数サービスが利用可能な状態にします(トライアルでも問題ありません)。

invox受取請求書とinvox電子帳簿保存の利用権限を付与する

invox電子帳簿保存の[設定]-[スタッフ]から対象のスタッフを選択し、連携するサービス利用設定を「利用する」に設定します。
サービス利用設定

複数の利用ができるスタッフでログインすると「サービス切り替え」が表示されます。

ケース①invox受取請求書やinvox発行請求書を入り口にして添付ファイルをinvox電子帳簿保存へ連携する

添付ファイルの連携設定(後述)を行うとファイル添付の画面が下記の様に変わり、invox受取請求書で請求書に添付した関連ファイルをinvox電子帳簿保存へと連携します(invox発行請求書の添付ファイル連携は準備中です)。
添付ファイル

添付ファイルはinvox電子帳簿保存側で処理可能な状態になりますが、下記の項目はinvox受取請求書の情報がデータ化完了時と確定時、削除時にinvox電子帳簿保存に反映されます(invox電子帳簿保存側で確定していても強制的に上書きされます)。
・請求ID
・伝票No
・仕入先の名称
・請求書の部門
・請求書の担当者
・請求書のプロジェクト

また、invox受取請求書で請求データが削除された場合は関連するすべてのファイルが、invox受取請求書側で添付ファイルが削除された場合は該当のファイルがinvox電子帳簿保存側でも削除されます(削除済みデータとして検索、参照は可能な状態になります)。

ケース②invox電子帳簿保存を入り口にして受取請求書はinvox受取請求書へ連携する

同一アカウントでinvox受取請求書とinvox電子帳簿保存をお申込みいただき連携設定(後述)を行うと[アップロード]および[書類一覧]のサブメニューに[invox受取請求書連携]が表示されます。

受取請求書のアップロード

[アップロード]-[invox受取請求書連携]を選択するとinvox受取請求書側のアップロード画面が開きますので、invox電子帳簿保存からinvox受取請求書へ請求書をアップロードできます。
アップロードするとinvox受取請求書でデータ化が始まりますので、通常通りinvox受取請求書側で支払や計上処理を行ってください。

アップロードした請求書はinvox電子帳簿保存の[書類一覧]-[invox受取請求書連携]からも確認ができ、invox受取請求書で処理した内容は、データ化完了時と確定時、削除時にinvox電子帳簿保存に反映されます。
※直接invox受取請求書にアップロードしたデータもinvox電子帳簿保存から確認ができます。

書類一覧

取引先名や取引日や取引金額はinvox電子帳簿保存では変更はできませんが、取引やタグなどinvox電子帳簿保存のみで扱う項目は変更が可能です。
連携した請求書の編集

サブメニューのタイトル”invox受取請求書連携”や並び順は[設定]-[サービス]-[保存書類設定]から変更が可能です。

連携設定

連携の設定はinvox受取請求書もしくはinvox発行請求書の[設定]-[サービス]-[invox電子帳簿保存連携]から行います。

invox電子帳簿保存連携

ファイル連携
上記の「ケース①invox受取請求書やinvox発行請求書を入り口にして添付ファイルをinvox電子帳簿保存へ連携する」を利用する場合は「添付ファイル連携」からinvox電子帳簿保存へと連携するファイルを選択します。

データ連携
上記の「ケース②invox電子帳簿保存を入り口にして受取請求書はinvox受取請求書へ連携する」を利用する場合は「データ連携」をONにします。設定をONにする際にはinvox電子帳簿保存の取引日として利用する日付を選択します。
設定をONにすると連携が開始されます(過去データは連携されません)。一度ONにした設定をOFFにしたい場合はサポートまでご連絡ください。
計上日を取引日とする:請求データの仕訳の計上日をinvox電子帳簿保存の取引日として連携します
請求日を取引日とする:請求データの請求日をinvox電子帳簿保存の取引日として連携します

invox受取請求書は、どんな形式の請求書が届いても、99.9%正確にデータ化。
経理の支払・計上業務を自動化する請求書受領システムです。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービス案内資料を確認

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

試してみる

請求書の自動データ化を無料で
お試しください。

無料で試してみる

サービスラインナップ

invox受取請求書

請求書の受領から入力、
支払、計上業務の自動化に

invox受取請求書へ

invox発行請求書

請求書の発行から売上計上、
入金消込業務の自動化に

invox発行請求書へ

invox電子帳簿保存

あらゆる国税関係の
電子取引情報・書類の保管に

invox電子帳簿保存へ