請求書の支払に利用する銀行口座設定

invox受取請求書における、請求書の支払に利用する銀行口座情報の設定は、以下のステップで行います。

サービスの表示

サイドメニューの[設定]-[サービス]をクリックしてください。
銀行口座設定

銀行口座設定一覧の表示

銀行口座設定の[設定]をクリックしてください。
銀行口座設定

銀行口座設定の追加

右上の[追加]をクリックしてください。
銀行口座設定

振込元の口座設定

振込データ(全銀形式)に設定する振込元の口座情報を設定します。
口座設定には、振込元の口座情報や会社/委託先コード、デフォルトの振込元口座とするか、先方負担の場合の振込手数料を設定できます。
銀行口座設定
設定が完了したら、右上の[保存]をクリックし、口座設定一覧で正しく作成されていることをご確認ください。

①銀行
銀行名を検索して、選択してください。

②支店
支店名を検索して、選択してください。

③口座種別
口座種別を選択してください。

④口座番号
口座番号を入力してください。

⑤口座名義
口座名義を半角英数カナで入力してください。

⑥デフォルトの支払元口座
デフォルトの支払元口座とする場合、チェックボックスを選択してください。

⑦会社/委託先コード
金融機関から発行された会社/委託先コードを指定してください。

⑧先方負担の場合の振込手数料設定
振込手数料を設定すると先方負担の場合に手数料を除いた金額(※)で振込データが作成されます。
ご使用の場合、チェックボックスを選択して、手数料金額を入力してください。

※全銀形式のフォーマットには、手数料負担区分(当方/先方)を表す情報が含まれていないため、
請求金額から振込手数料を差し引いた金額を振込金額として、振込データが作成されます。
例:請求金額 50,000円 先方負担(振込手数料320円)の場合
50,000円-320円=振込金額49,680円の振込データが作成されます。

invox受取請求書は、どんな形式の請求書が届いても、99.9%正確にデータ化して、
請求書の受取から入力・支払・計上業務を自動化する、業界最安水準の請求書受領システムです。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービスについて知る

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

無料トライアル

請求書の自動データ化を無料でお試しください。初期設定のサポートなど、安定稼働まで手厚くフォローします。

無料で試してみる

サービスラインナップ

invox受取請求書

請求書の受領から入力、
支払、計上業務の自動化に

invox受取請求書へ

invox発行請求書

請求書の発行から売上計上、
入金消込業務の自動化に

invox発行請求書へ

invox電子帳簿保存

あらゆる国税関係の
電子取引情報・書類の保管に

invox電子帳簿保存へ