デフォルト仕訳設定(支払計上)

invox受取請求書は、支払方法が銀行振込の請求データについて、振込データ出力時に支払計上仕訳を生成できます。
支払計上仕訳には仕訳辞書を使った細かな仕訳生成内容の制御はなく、デフォルト仕訳設定(支払計上)の設定にしたがって生成されます。
支払計上仕訳を使用する場合、支払データ・仕訳データ・請求データの出力設定で「支払計上仕訳」がONになっている必要があります。

サービス設定を表示する

サービス設定を表示
サイドメニューの[設定 > サービス]をクリックしてください。

デフォルト仕訳設定(支払計上)を表示する

デフォルト仕訳設定を表示
下方に表示されている[仕訳に関する設定] – [デフォルト仕訳設定(支払計上)]の[設定]をクリックしてください。

デフォルト仕訳(支払計上)の設定

デフォルト仕訳(支払計上仕訳)の設定
下記の項目の設定が完了したら、右上の[保存]をクリックしてください。

①借方勘定科目
借方勘定科目には登録されている勘定科目の他に「未払/買掛金判定」という特別な値が指定可能です。
この科目を指定した場合、支払計上仕訳生成時に、請求書の費用計上仕訳の貸方の勘定科目種別が「債務」の勘定科目とその補助科目が設定されます。
費用計上仕訳で計上した債務科目を支払計上仕訳の借方に計上したい場合は「未払/買掛金判定」を指定してください。

②貸方勘定科目
貸方勘定科目には登録されている勘定科目の他に「資産科目設定」という特別な値が指定可能です。
銀行口座ごとに勘定科目を設定しておくと、支払計上仕訳生成時に振込元の銀行口座の勘定科目が設定されます。
画面上部の[資産科目設定]をクリックすると、銀行口座ごとの勘定科目が表示されます。
銀行口座の表示

変更する場合は、勘定科目をクリックすると表示される画面で勘定科目・補助科目を指定して[保存]をクリックしてください。
銀行口座設定

③部門
部門には「設定しない」「自動判定」「固定値」の3つの条件が指定可能です。
「自動判定」を設定すると、請求書のアップロード時に指定された部門が設定されます。

④金額
金額には「設定しない」「自動計算」「固定値」「内訳」「比率」の5つの条件が設定できます。
「自動計算」を指定すると、読み取られた税率ごとの金額ごとに明細が展開された仕訳が生成されます。
振込手数料が先方負担の場合、振込手数料を控除した金額を振り込むことになります。
その振込手数料の控除分を貸方に計上する明細の場合、「内訳」の「支払手数料(先方負担)」を指定します。

⑤摘要
摘要には固定の文字列の他、以下のパラメータが設定できます。

パラメータ 利用例 概要
${計上年} ${計上年}年分

2020年分
計上日の年 4 桁を表すパラメータです。
${計上月} ${計上月}月分

6月分
計上日の月 2 桁を表すパラメータです。
下記のように記述する事で±3の調整が可能です。
${計上月-1}:前月${計上月+1}:翌月
${計上日} ${計上日}

2020年6月30日
計上日(YYYY年M月D日)を表すパラメータです。
${仕入先} ${仕入先}

株式会社***
仕入先の名称を表すパラメータです。
${仕入先コード} ${仕入先コード}

00001
仕入先コードを表すパラメータです。
${部門}
${借方部門}
${貸方部門}
${部門}

開発部
部門の名称を表すパラメータです。
${部門コード}
${借方部門コード}
${貸方部門コード}
${部門コード}

001
部門コードを表すパラメータです。
${請求ID} ${請求ID}

IR2181000581
invoxの請求IDを表すパラメータです。
${件名} ${件名}

3 月分利用料
請求書の件名を表すパラメータです。
${伝票No} ${伝票No}

123456789
伝票Noを表わすパラメータです。
${プロジェクト} ${プロジェクト}

Aプロジェクト
プロジェクトの名称を表わすパラメータです。
${プロジェクトコード} ${プロジェクトコード}

P001
プロジェクトコードを表わすパラメータです。
${担当者} ${担当者}

**
担当者名を表わすパラメータです。
${担当者コード} ${担当者コード}

S001
担当者コードを表わすパラメータです。
${拡張項目1~5} 拡張項目の値を表わすパラメータです。
テキスト項目の場合は入力値のまま、選択式の場合は名称に置き換わります。
拡張項目の詳細はヘルプをご覧ください。

⑥仕入先
仕入先には「設定しない」「自動判定」「固定値」が指定可能です。
「自動判定」を設定するとデータ化結果の仕入先が設定されます。

⑦プロジェクト
プロジェクトには「設定しない」「自動判定」「固定値」の3つの条件が指定可能です。
「自動判定」を設定すると取り込み時に指定されたプロジェクトが設定されます。

invox受取請求書は、どんな形式の請求書が届いても、99.9%正確にデータ化して、
請求書の受取から入力・支払・計上業務を自動化する、業界最安水準の請求書受領システムです。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービスについて知る

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

無料トライアル

請求書の自動データ化を無料でお試しください。初期設定のサポートなど、安定稼働まで手厚くフォローします。

無料で試してみる

サービスラインナップ

invox受取請求書

請求書の受領から入力、
支払、計上業務の自動化に

invox受取請求書へ

invox発行請求書

請求書の発行から売上計上、
入金消込業務の自動化に

invox発行請求書へ

invox電子帳簿保存

あらゆる国税関係の
電子取引情報・書類の保管に

invox電子帳簿保存へ