請求データのフォーマット

データの出力

invoxに請求書を取り込むと、請求データのほか、振込データと仕訳データを自動生成できます。

請求データの出力方法は、データの出力をご確認ください。

請求データの出力形式と文字コードと出力項目

請求データは、以下の標準形式でデータ化されます。

出力形式:CSV
文字コード:SJIS

出力項目
・請求ID
・請求日
・支払期限
・支払予定日
・仕入先コード
・仕入先名
・部門コード
・部門名
・プロジェクトコード
・プロジェクト名
・通貨
・請求金額
・内10%課税金額
・内10%消費税
・内8%課税金額
・内8%消費税
・内非課税金額
・内不課税金額
・内源泉徴収金額
・支払方法
・銀行コード
・銀行名
・支店コード
・支店名
・口座種別
・口座番号
・口座名義
・振込手数料負担
・振込手数料

請求データにファイル添付が可能です

2020年11月の機能アップデートで、請求データに任意のファイルを添付できるようになりました。

請求データへのファイル添付

請求データはメモやURLを出力できます

2021年1月の機能アップデートで、請求データ(標準形式)のメモ・URL出力に対応しました。
そのまま出力していただくと項目に追加されていて、メモに含まれている改行は消えた状態で出力されます。

請求データに「担当者」が追加されました

2021年2月の機能アップデートで、請求データに担当者が追加されました。
データの参照範囲の設定と組み合わせてお使いいただくことで、担当分以外のデータを見れないようにするなどの運用が容易になります。

請求データに担当者を追加

invoxで請求データを自動生成

invoxは、どんな請求書でも99.9%正確に振込データや仕訳データ、請求データを自動生成します。
まずは無料お試しにお申し込みいただき、個別相談会で御社の課題をヒアリングさせてください。

まずは、お試しにお申し込み

まずは、無料お試しにお申し込み

無料お試し

個別相談会で最適なプランをご提案

個別相談会で、
課題にあわせて最適なプランをご提案

個別相談会を予約

請求書の面倒なアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!

invoxは、どんな形式の請求書でも、
99.9%正確に振込データや仕訳データを生成し、
経理の支払・計上業務を自動化するクラウドサービスです。

無料で試す