STEP4:データの出力

invoxでデータ化した請求書における、データの出力方法は以下のステップで行います。
初期設定では振込データのみ出力するように設定されています。
振込データ以外を出力したい場合、データの出力設定から設定を変更してください。
また、一度出力したデータを再出力する場合、出力履歴の削除が必要です。データの再出力をご確認ください。

データの出力

1.出力画面を表示

出力画面を表示
サイドメニューの[出力]から出力したいデータをクリックしてください。

2.出力するデータを検索

出力するデータを検索
上部検索エリアにて、該当のデータを検索してください。
※出力するデータによって、検索項目が異なります。

3.出力するデータを選択

出力するデータを選択
出力したいデータを選択して「出力対象件数」および「金額」をご確認ください。

4.出力実行

出力実行
右上の[出力]をクリックしてください(仕訳データの出力が可能な場合は「仕訳データなし」「仕訳データあり」の選択が表示されます)

4.出力完了
「正常にエクスポートされました。」と表示されたら、出力完了です。
※該当データの出力状況が出力済になります。

データの再出力

一度出力したデータを再出力する場合や、「完了」ステータスを「出力待ち」に戻したい場合、出力履歴の削除が必要です。

1.履歴画面を表示

履歴画面を表示
サイドメニューの[出力>履歴]をクリックしてください。

2.履歴一覧を表示

履歴一覧を表示
左上の[出力データ種別]にて該当データを選択してください。

3.履歴削除

方法が2通りあり、それぞれ手順を以下に記載します。

メニュー[出力]-[履歴]より削除
メニュー[出力]-[振込データ]から出力を行った単位で削除を実施する手順となります。
履歴削除
履歴一覧にて該当のデータをクリックし、履歴詳細画面右上の[削除]をクリックしてください。
※出力履歴を削除すると、該当データの出力状況が未出力に戻り、再度データ出力が可能になります。
※ステータスが「完了」の場合「出力待ち」に戻ります。

メニュー[請求書]の詳細画面での「確定解除」
出力時の状態に依存せず請求ID1つに絞って出力履歴を削除する手順となります。
確定解除クリック
右上の「確定解除」をクリックしてください。

矢印部分の「再出力する」をチェックし、右上の「確定を解除する」をクリックしてください。
本操作で「確定解除」と同時に請求ID1件分の出力履歴を削除するものとなります。
以降はワークフローをご利用の場合は、差し戻し先を選択頂く画面へ遷移しますので、そちらを指定・保存頂ければ編集・削除が可能な状態となります。(承認者へ差し戻した場合は、承認者のみ修正可能となります)
ワークフローをご利用でない場合は「確認待ち」となります。

invox受取請求書は、どんな形式の請求書が届いても、99.9%正確にデータ化。
経理の支払・計上業務を自動化する請求書受領システムです。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービス案内資料を確認

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

試してみる

請求書の自動データ化を無料で
お試しください。

無料で試してみる

サービスラインナップ

invox受取請求書

請求書の受領から入力、
支払、計上業務の自動化に

invox受取請求書へ

invox発行請求書

請求書の発行から売上計上、
入金消込業務の自動化に

invox発行請求書へ

invox電子帳簿保存

あらゆる国税関係の
電子取引情報・書類の保管に

invox電子帳簿保存へ