よくあるお問い合わせ(Q&A)

invox受取請求書をご利用中のお客様からよくいただくご質問をまとめました。

ログインに関する質問

Q.「許可されていないIPアドレスからのアクセスのためご利用いただけません。」と表示され、ログインできない場合はどうすればよいですか。

オプションサービスの「アクセス元IPアドレス制限」が設定されており、許可されていないIPアドレスからアクセスしているため、ログインできない状態です。
多くの場合、お客様の社内ネットワーク以外からアクセスしている、またはinvoxに登録されている許可するIPアドレスが不足していることが考えられます。
許可されたIPアドレスからアクセスするか、システム管理者に許可するIPアドレスの追加をご依頼ください。

データ化に関する質問

Q.同じ形式の請求書をオペレータ確認なしでデータ化した場合に、読み取り結果が異なる場合があるのはなぜですか。

PDFは人間からは同じように見えても、データとしては
・作成方法(スキャンで作成、Excelから変換して作成など)
・解像度
・フォント
など様々な違いがある場合があります。
AI OCRではデータを解析して読み取りを行うため、これらの違いが読み取り結果に影響します。
PDFの作成方法をそろえることで読み取り結果が近くなると思われますが、AIがどう判断するかを完全に制御することは難しいため、読み取り結果の差を完全になくすことは難しいものになります。

データ化結果の確認に関する質問

Q.取引設定が設定されてないため、申請/確定できないというエラーが表示されて、請求書の申請や確定ができない場合はどうすればよいですか。

請求書には仕入先の取引設定が必ず紐づいている必要があります。請求書のデータ化時に仕入先の取引設定が紐づきます。
データ化後に取引設定が削除されるなどして請求書に取引設定が紐づかない状態となっていると、ワークフローあり・ワークフローなしによって次の2パターンのエラーが表示されます。
・ワークフローありの場合
以下の項目が設定されていないため、申請できません。
仕入先の取引設定
・ワークフローなしの場合
以下の項目が設定されていないため、確定できません。
仕入先の取引設定

このエラーが発生した場合、次の通りにご対応ください。
1.該当請求データの請求ID横の「編集」をクリックする。
2.グレーの行が選択されていたり、未選択の場合は、背景色が白い行を選択し保存する。
3.下記赤枠内に1行も存在していない場合は、仕入先マスタにて取引設定を登録し、2を実施する。
※取引設定の追加方法については仕入先マスタの登録・更新をご覧ください。
取引設定の割り当て

出力に関する質問

Q.振込手数料を先方負担で登録していますが、インターネットバンキングに取り込むと当方負担になっています。

全銀形式のフォーマットには、手数料負担区分(当方/先方)を表す情報が含まれていないため、
請求金額から振込手数料を差し引いた金額を振込金額として、振込データが作成されます。

例:請求金額 50,000円 先方負担(振込手数料320円)の場合
50,000円-320円=振込金額49,680円の振込データが作成されます。

振込手数料の金額は銀行口座設定または、仕入先ごとに設定する場合は仕入先マスタの支払設定で設定してください。

invox受取請求書は、どんな形式の請求書が届いても、99.9%正確にデータ化して、
請求書の受取から入力・支払・計上業務を自動化する、業界最安水準の請求書受領システムです。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービスについて知る

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

無料トライアル

請求書の自動データ化を無料でお試しください。初期設定のサポートなど、安定稼働まで手厚くフォローします。

無料で試してみる

サービスラインナップ

invox受取請求書

請求書の受領から入力、
支払、計上業務の自動化に

invox受取請求書へ

invox発行請求書

請求書の発行から売上計上、
入金消込業務の自動化に

invox発行請求書へ

invox電子帳簿保存

あらゆる国税関係の
電子取引情報・書類の保管に

invox電子帳簿保存へ