仕入先マスタの登録・更新

仕入先マスタ

invoxでは請求書データに必ず仕入先マスタが紐づきます。
請求書に対応する仕入先が仕入先マスタに登録されている場合は、その仕入先マスタが紐づきます。
登録されていない場合は仕入先マスタが自動登録されます。

1.仕入先ページを表示

仕入先メニューを表示
サイドメニューの[仕入先]をクリックしてください。

2.仕入先一覧

仕入先一覧
仕入先マスタを新規に登録する場合は右上の[追加]をクリックしてください。
登録されている仕入先マスタを変更する場合は一覧から対象の仕入先をクリックしてください。

3.仕入先の登録

仕入先の登録
仕入先マスタの基本情報を入力します。
設定が完了したら、右上の[保存]をクリックしてください。

1.仕入先名

仕入先名を入力してください。

2.仕入先コード

仕入先コードを入力してください。
外部システムへの連携に必要な場合に入力してください。

3.法人/個人区分

法人/個人区分を選択してください。

4.支払設定の登録

仕入先ごとの支払方法を設定します。ここで登録した支払方法を、請求書の支払方法項目に割り当てられます。
選択可能な支払方法は[銀行振込/口座振替/クレジットカード/現金/小切手/手形/でんさい/その他]です。
支払設定
支払方法を入力します。
設定が完了したら、右上の[保存]をクリックしてください。

1.支払方法

[銀行振込/口座振替/クレジットカード/現金/小切手/手形/でんさい/その他]から選択してください。

2.金融機関

支払方法で[銀行振込]を選択した場合のみ表示されます。
振込先口座の金融機関を選択してください。

3.支店

支払方法で[銀行振込]を選択した場合のみ表示されます。
振込先口座の支店を選択してください。選択した金融機関の支店のみが表示されます。

4.口座種別

支払方法で[銀行振込]を選択した場合のみ表示されます。
振込先口座の口座種別を選択してください。

5.口座番号

支払方法で[銀行振込]を選択した場合のみ表示されます。
振込先口座の口座番号を入力してください。

6.口座名義

支払方法で[銀行振込]を選択した場合のみ表示されます。
振込先口座の口座名義を入力してください。

7.手数料負担

支払方法で[銀行振込]を選択した場合のみ表示されます。
振込時の手数料負担方法を選択してください。

8.メモ

メモを入力してください。

5.取引設定の登録

取引設定は請求書の支払方法の初期値設定や、請求書の未着チェックに使用されます。
取引設定
取引設定を入力します。
設定が完了したら、右上の[保存]をクリックしてください。

1.メモ

メモを入力してください。

2.取引部門

取引設定を適用する条件の部門を選択してください。

3.取引プロジェクト

取引設定を適用する条件のプロジェクトを選択してください。

4.請求担当者

請求書の[担当者]に割り当てるスタッフを選択してください。

5.未着チェック

未着チェック機能を使用する場合、請求書の未着チェックの内容で設定してください。

6.支払予定日計算

支払予定日の自動計算方法を仕入先ごとに設定する場合、支払予定日設定の内容で設定してください。

7.支払設定

[4.支払設定の登録]で登録した支払設定を割り当ててください。

受取請求書の面倒なアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!

invoxは、どんな形式の請求書が届いても、
99.9%正確に振込データや仕訳データを生成。
受取請求書に伴う経理の支払・計上業務を自動化します。

無料で試す