会計ソフト「freee」と「invox」を組み合わせて利用するおすすめの方法

会計ソフトへの連携

freeeとinvoxを組み合わせて利用する場合、振込データの生成など機能的に重複する部分があり、どう組み合わせるのがよいか多くのご相談をいただきます。
そのようなお悩みにお答えするためにfreeeとinvoxを一緒にご利用いただく場合の推奨のご利用方法を説明します。

推奨のご利用方法

ポイント① 振込データはinvoxから出力する

一つ目のポイントは振込データはinvoxから出力するという点です。
メリットは下記2点です。
一方デメリットとして、invoxはまだ銀行とAPIでつながっていないため、必ず全銀データのファイルを介しての連携となります。

invoxなら口座情報の確認が不要

invoxでは支払方法や口座番号が正しいことが確認済みのため、警告が付いている場合を除き口座情報を確認する必要がありません。
一方freeeで振り込みを行う場合、freeeに登録されている取引先の口座情報が正しいことを確認する必要があります(invoxからfreeeへ連携する取引データには口座情報を含むことができません)

先方負担の振込手数料計算など機能が充実している

invoxから振込データを生成する際には先方負担の振込手数料の自動計算、同一口座への振込の場合に振込データをまとめることで手数料の削減ができます。

ポイント② invoxから取り込んだ取引データと銀行から取得した明細で消し込む

invoxから取り込んだ未決済の取引データと銀行から取得した明細を照合して消込を行います。
invoxからの取引データの取り込み方法は請求書の取引データを会計ソフト「freee」に連携をご確認ください。

振込を行った後に銀行口座と連携すると、下記のように総合振込の明細が取り込まれます。
消込を行う明細を選択してください。
総合振込の明細

取引登録のウィンドウが開くので「未決済取引の消込」を選択し、消し込む対象を選択して未決済取引と消込を行います。
未決済取引の消込

請求書の面倒なアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!

invoxは、どんな形式の請求書でも、
99.9%正確に振込データや仕訳データを生成し、
経理の支払・計上業務を自動化するクラウドサービスです。

無料で試す