請求書の取引データを会計ソフト「freee」に連携

会計ソフトへの連携

invoxでデータ化した請求書の取引データを会計ソフト「freee」に連携する場合、以下の手順で行います。
取引データは、すべて未決済の状態で連携されます。
データを出力する手順は、データの出力方法をご覧ください。

invoxは、会計ソフト「freee」の取引先インポート機能や「freee(入出金明細形式)」の請求データ出力にも対応しています。
会計ソフト「freee」と「invox」を組み合わせて利用するおすすめの方法をあわせてご覧いただくと、freeeとinvoxを一緒にご利用いただく場合の推奨方法が分かります。

1.取引の一覧・登録を表示

取引の一覧・登録
会計ソフト「freee」にログインした後、画面上部にあるメニューの[取引 > 取引の一覧・登録]をクリックしてください。

2.取引データのインポート画面を表示

取引データのインポート
画面右上の[その他の機能 > 取引データのインポート]をクリックしてください。

3.インポートするファイルを選択

インポートするファイルを選択
「2.CSVファイルのアップロード」のデータ種別が[取引]になっていることをご確認いただき[CSVファイルをドラッグ&ドロップ]もしくは[ファイルを選択]して、invoxから出力した取引データのファイルを選択してください。
その後、右に表示されるファイル名に誤りがないかご確認ください。

4.インポート内容の登録

インポート内容の登録
「3.登録」で登録する内容をご確認の上[登録する]ボタンをクリックしてください。

5.取引のインポート

取引のインポート中
取引のインポート画面に移りましたら、ステータスが[インポート中]から、下図の[インポート済み]になったことをご確認ください。

取引のインポート済み
[登録された取引]をクリックして、正しく取り込まれているかご確認ください。
※しばらく待っても表示が変わらない場合、ブラウザの更新をお試しください。

freee以外の会計ソフトへの連携方法は、請求書をデータ化して会計ソフトに連携で概要をご覧いただくか、各会計ソフトへの連携方法のページで詳細をご確認ください。

■freee以外の会計ソフトへの連携方法
請求書の仕訳データを会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」に連携
請求書の仕訳データを会計ソフト「弥生会計」に連携
請求書の仕訳データを会計ソフト「勘定奉行」に連携
請求書の仕訳データを会計ソフト「PCA 会計」に連携
請求書の面倒なアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!

invoxは、どんな形式の請求書でも、
99.9%正確に振込データや仕訳データを生成し、
経理の支払・計上業務を自動化するクラウドサービスです。

無料で試す