freeeへの取引データの連携

連携

invoxから出力した取引データを、freeeへ連携する場合、以下のように行います。
なお取引データはすべて未決済の状態で連携されます。
出力方法は、データの出力方法をご確認ください。

1.取引の一覧・登録を表示

取引の一覧・登録を表示<
freeeへログイン後、画面上部にあるメニューの[取引 > 取引の一覧・登録]をクリックしてください。

2.取引データのインポート画面の表示

インポート画面の表示
画面右上の[その他の機能 > 取引データのインポート]をクリックしてください。

3.インポートするファイルを選択

インポートするファイルを選択
2.CSVファイルのアップロード-データ種別が[取引]になっていることをご確認いただき[ドラッグ&ドロップ]もしくは[ファイルを選択]にて、invoxから出力した取引・仕訳データのファイルを選択してください。
その後、ファイル名の表示を確認してください。

4.インポート内容の登録

インポート内容の登録
3.登録にて内容を確認の上[登録する]をクリックしてください。

5.取引のインポート

取引のインポート中
取引のインポート画面に移りましたら、ステータスが[インポート中]から、下図の[インポート済み]になったことをご確認ください。

取引のインポート済み
[登録された取引]をクリックして、正しく取り込まれているかご確認ください。
※しばらく待っても表示が変わらない場合、ブラウザの更新をお試しください。

取引先からどんな形式の請求書が届いても、
めんどうな請求処理のアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!
invoxを無料で試す