請求書の取引データを会計ソフト「freee」に連携

会計ソフトへの連携

invoxでデータ化した請求書の取引データを会計ソフト「freee」に連携する場合、以下の手順で行います。
取引データは、すべて未決済の状態で連携されます。
データを出力する手順は、データの出力方法をご覧ください。

また、invoxはfreeeアプリストアにinvox × freee会計を公開しており、会計ソフト「freee」からinvoxへのマスタ情報取込と、invoxで登録された請求データを会計ソフト「freee」に取引として連携することが可能です。

会計ソフト「freee」と「invox」を組み合わせて利用するおすすめの方法で、freeeとinvoxを一緒にご利用いただく場合の推奨方法を説明しておりますので、あわせてご覧ください。

1.取引の一覧・登録を表示

取引の一覧・登録
会計ソフト「freee」にログインした後、画面上部にあるメニューの[取引 > 取引の一覧・登録]をクリックしてください。

2.取引データのインポート画面を表示

取引データのインポート
画面右上の[その他の機能 > 取引データのインポート]をクリックしてください。

3.インポートするファイルを選択

インポートするファイルを選択
「2.CSVファイルのアップロード」のデータ種別が[取引]になっていることをご確認いただき[CSVファイルをドラッグ&ドロップ]もしくは[ファイルを選択]して、invoxから出力した取引データのファイルを選択してください。
その後、右に表示されるファイル名に誤りがないかご確認ください。

4.インポート内容の登録

インポート内容の登録
「3.登録」で登録する内容をご確認の上[登録する]ボタンをクリックしてください。

5.取引のインポート

取引のインポート中
取引のインポート画面に移りましたら、ステータスが[インポート中]から、下図の[インポート済み]になったことをご確認ください。

取引のインポート済み
[登録された取引]をクリックして、正しく取り込まれているかご確認ください。
※しばらく待っても表示が変わらない場合、ブラウザの更新をお試しください。

freeeとのAPI連携

freeeからinvoxへのマスタ情報取込と、invoxで登録された請求データをfreeeに取引として連携することが可能です。

詳細な設定手順は、スタートガイド freee API連携編をご覧ください。

会計ソフト「freee」からinvoxへ取込可能なマスタ

次のマスタをfreeeからinvoxに連携できます。

  • 取引先(口座情報)
  • 勘定科目
  • 部門
  • 品目
  • メモタグ

freeeとのAPI連携を利用可能なinvoxのプラン

invoxのベーシックプランまたはプロフェッショナルプランで、invox × freee会計をご利用いただけます。

まだinvoxをご利用ではない場合、まずはベーシックプランの無料お試しにお申し込みください。

freee以外の会計ソフトへの連携方法は、請求書をデータ化して会計ソフトに連携で概要をご覧いただくか、各会計ソフトへの連携方法のページで詳細をご確認ください。

■freee以外の会計ソフトへの連携方法
請求書の仕訳データを会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」に連携
請求書の仕訳データを会計ソフト「弥生会計」に連携
請求書の仕訳データを会計ソフト「勘定奉行」に連携
請求書の仕訳データを会計ソフト「PCA 会計」に連携
請求書の面倒なアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!

invoxは、どんな形式の請求書でも、
99.9%正確に振込データや仕訳データを生成し、
経理の支払・計上業務を自動化するクラウドサービスです。

資料をダウンロード