勘定奉行への仕訳データの連携

連携

invoxから出力した仕訳データを勘定奉行へ連携する場合、以下のように行います。
出力方法は、データの出力方法をご確認ください。

勘定奉行クラウド

1.仕訳伝票データ受入画面の表示

仕訳伝票データ受入画面の表示
画面左のメニューより[取引入力 > 2.取引入力 > 6.仕訳伝票データの受入]をクリックしてください。

2.インポートするファイルを選択

インポートするファイルを選択
[ここにファイルをドロップ]もしくは[またはクリックしてファイルを選択]にて、invoxから出力した取引・仕訳データのファイルを選択してください。

3.受入内容の確認

受入内容の確認
表示されている内容を確認の上[OK]をクリックしてください。

4.起票済を確認

起票済を確認
処理状態が[起票済]になっていることをご確認ください。

勘定奉行iシリーズ

1.仕訳伝票データ受入画面の表示

仕訳伝票データ受入画面の表示
画面左のメニューより[随時処理 > 汎用データ受入 > 仕訳伝票データ受入> 仕訳伝票データ受入]をクリックしてください。

2.仕訳伝票データ受入-パターンの選択

パターンの選択
画面左のメニューより[仕訳伝票データ受入]を選択して、[OK]をクリックしてください。

3.インポートするファイルを選択

ファイルを選択
「受入ファイル設定」タブに切り替え「OBC受入形式」となっていることを確認の上、[参照]をクリックして
invoxから出力した取引・仕訳データのファイルを選択してください。

3.受入内容の確認

受入内容の確認
表示されている内容を確認の上、[受入開始]をクリックしてください。

4.受入結果を確認

受入結果を確認
受入が終了すると[仕訳伝票データ受入 > 受入結果確認」という画面が表示されます。

取引先からどんな形式の請求書が届いても、
めんどうな請求処理のアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!
invoxを無料で試す