さまざまなサービスと連携して請求書を取り込む(IFTTT)

各種設定, 請求書のスキャン・アップロード

invoxでは標準でメール、Google Driveからの請求書取り込みに対応していますが、IFTTTというサービスと連携することで、DropboxやSlackなど多様なサービスとの連携が可能になります。

IFTTTとは

IFTTTはTwitterやFacebook、Gmail、Instagram、Evernote、Dropboxなど様々なサービスを連携させるためのサービスです。
IFTTTの基本的な内容は、下記のサイトを参考にしてください。

@IT さまざまなサービスが連携できる「IFTTT(イフト)」の使い方
ferret IFTTT(イフト)とは?異なるプラットフォームを連携する便利ツールの使い方とアプレット9選

Dropboxとinvoxを連携させる

ここでは、仕入先との請求書をDropbox経由でやり取りしているケースを想定し、Dropboxにファイルが置かれたら自動でGoogle Driveへと連携する設定を行います(Google Driveから先はinvoxの標準機能で取り込みます)。
Dropbox以外のサービスをご利用の場合は、Dropboxの部分を読み替えて頂くと同様の連携が実現可能です。
Dropboxとinvoxを連携させる

ステップ1:アプレット(連携設定)の作成

1:アプレット(連携設定)の作成
IFTTTにアカウントを登録し、メニューからCreateを選択します。

ステップ2:連携のトリガーとしてDropboxへのファイル登録を設定します

Ifの後ろの+ボタン
Ifの後ろの+ボタンを押します。

サービスに”Dropbox”と入力
サービスに”Dropbox”と入力して検索します。

Connectを押して
Dropboxを選択すると接続画面が表示されるので、Connectを押してDropboxとの認証を行います。

トリガーを設定
接続が成功したら連携のきっかけとなるトリガーを設定します。
今回は”New file in your folder”を選択します。

Create trigger
続いてフォルダーを設定し、Create triggerを押します。

トリガーが設定
これで連携のきっかけとなるトリガーが設定できました。

ステップ3: Google Driveへの連携を設定

Thenの後ろの+
続いてGoogleDriveへのアップロード設定を行います。
今度はThenの後ろの+を押します。

Google Driveとの認証
Google Driveを検索します。

Google Driveとの認証
先ほどと同様にGoogle Driveとの認証を済ませ、アクションにUpload file from URLを選択します。

アクションの設定
アクションの設定が開きますので下記のように設定し、Create actionを押します。

File URL そのまま
File name デフォルトでは拡張子無しになっているので、元々の内容を消して、”Add ingredient”からFilenameを選択します。
Drive folder path アップロード先のGoogle Driveのフォルダ名を記載します。

設定は完了
Finishを押して、進むと設定は完了です。

Setting
設定が完了すると上記の画面が開きます。Settingを押すと設定内容の確認や修正が可能です。

正常に設定が完了していると、指定したDropboxのフォルダにファイルが追加されたタイミングでGoogle Driveにも連携されるようになっています。

Google Driveとinvoxの連携についてはGoogle Drive取込設定を参照してください。

取引先からどんな形式の請求書が届いても、
めんどうな請求処理のアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!
invoxを無料で試す