invoxにおける請求書データのステータスは、下記の通りです。
ワークフローを利用している場合は、ステータスが異なります。請求書データのステータス(ワークフローあり)をご確認ください。

請求書データのステータス(ワークフローなし)

請求書データのステータス
通常の請求書データのステータスには、下記の5つがあります。

  1. データ化中:アップロードした請求書データはまず「データ化中」の状態になります。
  2. キャンセル:データ化中にデータ化キャンセルされた場合「キャンセル」の状態になります。
  3. 確認待ち:アップロードからお約束した営業日以内にデータ化が完了し「確認待ち」の状態になります。
    ※ 出力待ちの際に確定解除を行うと、「確認待ち」の状態に戻ります。
  4. 出力待ち:「確認待ち」のデータを開き、確定処理を行うと「出力待ち」となり、データの出力が可能になります。
    ※ 完了の際に出力履歴削除を行うと、「出力待ち」の状態に戻ります。
    ※ 請求書データの出力状況は出力状況の確認をご参照下さい。
  5. 完了:出力設定されているデータがすべて出力済になると「完了」の状態になります。

 

請求書データのステータス(ワークフローあり)

請求書データのステータスWF
ワークフロー利用時の請求書データのステータスには、下記の6つがあります。

  1. データ化中:アップロードした請求書データはまず「データ化中」の状態になります。
  2. キャンセル:データ化中にデータ化キャンセルされた場合「キャンセル」の状態になります。
  3. 未申請:アップロードからお約束した営業日以内にデータ化が完了し「未申請」の状態になります。
    ※ 承認待ちの際に申請取消を行うと、「未申請」の状態に戻ります。
    ※ 承認待ちの際に差し戻しを行うと、「未申請」の状態に戻ります。
  4. 承認待ち:「未申請」のデータを開き、申請処理を行うと「承認待ち」となり、データの承認が可能になります。
    ※ 出力待ちの際に確定解除を行うと、「未申請」の状態に戻ります。
  5. 出力待ち:「承認待ち」のデータを開き、承認処理を行うと「出力待ち」となり、データの出力が可能になります。
    ※ 完了の際に出力履歴削除を行うと、「出力待ち」の戻ります。
    ※ 請求書データの出力状況は出力状況の確認をご参照下さい。
  6. 完了:出力設定されているデータがすべて出力済になると「完了」の状態になります。
取引先からどんな形式の請求書が届いても、
めんどうな請求処理のアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!
invoxを無料で試す