支払予定日設定

各種設定

支払予定日設定では「請求日」、「支払期限」、「取り込み日」を基準に支払予定日の自動計算ルールを設定できます。
請求書の支払期限や請求日を見て都度判断していた業務が自動化され、効率と精度が向上します。

サービス設定を表示する

サービス設定を表示
サイドメニューの[設定 > サービス]をクリックしてください。

支払予定日設定を開く

支払予定日設定を開く
上段に表示されている基本設定-支払予定日設定の[設定]をクリックしてください。

支払予定日の自動計算ルールを設定する

支払予定日は「請求日」「支払期限」「取り込み日」から条件を設定して計算できます。
請求日や支払期限の記載がない請求書も多く存在しますので、全ての請求データに自動で支払予定日を設定したい場合は「取り込み日」をご利用ください。

支払予定日の自動計算ルールを設定

設定内容を編集して、右上の[保存]をクリックしてください。

設定例:支払期限の記載があれば支払期限を利用し、支払期限の記載がない場合は取り込み日から当月末か翌月末かを判断する場合

  • 条件1:支払期限があれば支払期限を利用する(標準設定)
  • 条件2:取り込み日が1~10日の場合は支払予定日を当月末にする
  • 条件3:取り込み日が11~月末の場合は支払予定日を翌月末にする

計算方法を仕入先ごとに設定する

支払予定日の計算は、システム共通設定のほか、仕入先ごとに「サービス設定に従う」「自動計算はしない」「個別に設定する」の選択が可能です。
計算方法を仕入先ごとに設定
[仕入先]で対象の仕入先を選択し[取引設定]で対象の取引を選択。
支払予定日計算にて設定内容を編集して、右上の[保存]をクリックしてください。

請求書の面倒なアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!

invoxは、どんな形式の請求書でも、
99.9%正確に振込データや仕訳データを生成し、
経理の支払・計上業務を自動化するクラウドサービスです。

無料で試す