STEP1: 請求書の取り込み

請求書のスキャン・アップロード

invoxはさまざまなアップロード方法を用意しています。
請求書の受信・受領方法や、実際の業務フローに合わせて適した方法をご利用ください。

アップロード方法一覧

invox_アップロード方法

1.メールから自動アップロード

invoxの専用メールアドレスを請求書の宛先(CC)にすることで、添付されている請求書を自動で取り込めます。
メールからの自動アップロードをご利用いただくと、アップロード作業も自動化されるため、仕入先が対応可能であれば最もオススメの方法です。

メールから自動アップロードはこのような場合におすすめ

  • すでに請求書がメールで送られてくる場合
  • 現在は紙で請求書が届いているがメールでの送付にも対応が可能な場合

詳しくはメールによる請求書アップロードの手順をご覧ください。

2.Google Drvieから自動アップロード

受け取った請求書のデータをGoogle Driveにアップロードしていただき、Google Driveから自動で取り込む方法です。
請求書の受領者はGoogle Driveにファイルを置くだけですので新しい事を覚える必要がなく、スムーズな導入が可能です。

Google Drvieから自動アップロードはこのような場合におすすめ

  • すでにGoogle Drvieを使用されている場合
  • 請求書の受領者が多数いらっしゃる場合

詳しくはGoogle Drvieによる請求書アップロードの手順をご覧ください。

3.その他サービスと連携して自動アップロード

ZapierやIFTTTと連携する事でSlackやDropboxなどさまざまなサービスとの連携が可能です。

その他サービスと連携して自動アップロードはこのような場合におすすめ

  • すでにSlackやDropboxを使用されている場合
  • さまざまなサービスと連携して、自動アップロードされたい場合

詳しくは下記をご覧ください。
さまざまなサービスと連携して請求書を取り込む(Zapier)
さまざまなサービスと連携して請求書を取り込む(IFTTT)

4.推奨スキャナでアップロード

請求書が紙で届く場合、対応スキャナをご利用いただくとinvoxのスキャンボタンからスキャンを開始し、簡単にアップロードできます。
ファイル名を付けて保存して、ファイルを選択してという手間が省けてスムーズなアップロードが可能です。

推奨スキャナでアップロードはこのような場合におすすめ

  • 請求書が紙で届いていて、メールへの変更が難しい場合
  • 対応スキャナがある、もしくは購入が可能な場合

詳しくはスキャンによる請求書アップロードの手順をご覧ください。

5.請求書のPDFや画像ファイルを選択してアップロード

受け取った請求書のファイルを手動で選択してアップロードする方法です。
既存のスキャナや複合機を利用する場合など多くのシーンでご利用いただけます。
受領した請求書を複合機や非対応スキャナで画像ファイルもしくはPDFに変換し、ファイルを選択してアップロードします。

請求書のPDFや画像ファイルを選択してアップロードはこのような場合におすすめ

  • 請求書が紙で届いていて、メールへの変更が難しい場合
  • 対応スキャナがない、また購入予定もない場合

詳しくはファイル選択による請求書アップロードの手順をご覧ください。

請求書の面倒なアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!

invoxは、どんな形式の請求書でも、
99.9%正確に振込データや仕訳データを生成し、
経理の支払・計上業務を自動化するクラウドサービスです。

無料で試す