プロジェクト

事前にプロジェクトを登録いただくことで、請求データにプロジェクトの情報を付加できます。
プロジェクトを設定することでプロジェクト単位で仕訳辞書を分けたり、承認パスを分けることができます。
プロジェクトの設定方法は以下のステップで行います。

1.プロジェクトを有効

サイドメニューの[設定]-[サービス]-[管理項目設定]をクリックし「プロジェクト」にチェックをいれてください。

プロジェクトを有効

2.プロジェクト一覧を表示

サイドメニューの[設定]-[プロジェクト]をクリックしてください。
プロジェクト一覧

3.プロジェクトを追加

右上の[追加]をクリックしてください。
追加ボタン

4.プロジェクトの設定

プロジェクト設定
必要な項目を設定して保存します。

プロジェクトコード:会計システム等と連携する際のコードを指定します。
プロジェクト名:プロジェクトの名称を指定します。
間接プロジェクト:間接費用のプロジェクトかどうかを指定します。間接プロジェクトか否かで承認パスを分けることが可能です。
部門:部門を指定します(標準機能では制御には利用されません)
主担当者:主担当者を指定します(検索に利用可能です。標準機能では制御には利用されません。カスタマイズで制御に利用する事が可能です。)
副担当者:副担当者を指定します(検索に利用可能です。標準機能では制御には利用されません。カスタマイズで制御に利用する事が可能です。)
受注金額:受注金額を指定します(標準機能では制御には利用されません。カスタマイズで制御に利用する事が可能です。)
開始日:プロジェクトの開始日を指定します(期間外の場合は検索時に”期間外”と表示されます)
終了日:プロジェクトの終了日を指定します(期間外の場合は検索時に”期間外”と表示されます)

invox受取請求書は、どんな形式の請求書が届いても、99.9%正確にデータ化。
経理の支払・計上業務を自動化します。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービス案内資料を確認

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

試してみる

請求書の自動データ化を無料で
お試しください。

無料で試してみる