請求書の仕訳辞書

請求書のデータ化

invoxでは「仕訳辞書」と「デフォルト仕訳設定」という二つの仕組みで取引データや仕訳データを生成します。
仕訳辞書では、請求書の発行元・計上部門などの特定の適用条件に一致する仕訳パターンを定義します。
同一取引先でも計上部署によって仕訳のパターンを変えたり、定額の基本料金とその差額で複合仕訳が作成できます。
上記のパターン以外もカスタマイズにより対応が可能です。

仕訳辞書

仕訳辞書イメージ

基本的な操作方法は、デフォルト仕訳設定と同様のため、このページではいくつか設定例をご紹介します。

開発部門と営業部門で50%ずつ費用分担する場合

開発部門と営業部門で50%ずつ

部門

部門
それぞれ設定方法で[固定値]を選択し、部門で[開発(任意の部門)]を選択してください。

金額

金額
それぞれ設定方法で[比率]を選択し、比率に[50]を入力してください。

固定の基本料金と従量料金を分ける場合

固定の基本料金と従量料金を分ける

取引先からどんな形式の請求書が届いても、
めんどうな請求処理のアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!
invoxを無料で試す