デフォルト仕訳設定

サービス設定

invoxでは「仕訳辞書」と「デフォルト仕訳設定」という二つの仕組みで取引データや仕訳データを生成します。
デフォルト仕訳設定では、一致する仕訳辞書が無かった時の仕訳パターンを定義します。
仕訳機能を使用する場合、出力設定から事前に仕訳データを出力するよう設定する必要があります。
またその後、勘定科目・補助科目税区分を設定する必要があります。

デフォルト仕訳設定

サービス設定を表示する

サービス設定を表示
サイドメニューの[設定 > サービス]をクリックしてください。

デフォルト仕訳設定を表示する

デフォルト仕訳設定を表示する
下方に表示されている仕訳に関する設定-デフォルト仕訳設定の[設定]をクリックしてください。

デフォルト仕訳の設定

デフォルト仕訳の設定
下記項目の設定が完了したら、右上の[保存]をクリックしてください。

1.計上日

計上日の自動計算ルールを設定する
計上日は「取込日」「請求日」「支払期限」「支払予定日」から条件を設定して計算できます。
計上日右側の[編集]をクリックし、設定内容を編集して、右上の[保存]をクリックしてください。

2.貸方勘定科目

貸方勘定科目には登録されている勘定科目の他に「未払/買掛金判定」という特別な値が指定可能です。
未払/買掛金判定は予め設定した条件で未払金か買掛金かを判定するためのものです。

未払金/買掛金の条件を指定する
画面上部の[未払金/買掛金設定]クリックし、条件を指定して右上の[保存]をクリックしてください。

3.部門

部門には「設定しない」「自動判定」「固定値」の3つの条件が指定可能です。
「自動判定」を設定すると取り込み時に指定された部門が設定されます。

4.金額

金額には「設定しない」「自動計算」「固定値」「内訳」「比率」の5つの条件が設定できます。
「自動計算」を指定すると税区分ごとに行が展開された仕訳が生成されます。

5.摘要

摘要には固定の文字列の他、以下のパラメータが設定できます。

パラメータ 利用例 概要
${計上年} ${計上年}年分

2020年分
計上日の年4桁を表すパラメータです。
${計上月}
${計上月}月分

6月分
計上日の月2桁を表すパラメータです。
下記のように記述する事で±3の調整が可能です。
${計上月-1}:前月${計上月+1}:翌月
${計上日} ${計上日}

2020年6月30日
計上日(YYYY年M月D日)を表すパラメータです。
${仕入先} ${仕入先}

株式会社***
仕入先の名称を表すパラメータです。
${部門} ${部門}

開発部
部門の名称を表すパラメータです。
${請求ID} ${請求ID}

IR2181000581
invoxの請求IDを表すパラメータです。

6.仕入先

仕入先には「設定しない」「自動判定」「固定値」が指定可能です。
「自動判定」を設定するとデータ化結果の仕入先の情報が設定されます。

7.プロジェクト

プロジェクトには「設定しない」「自動判定」「固定値」の3つの条件が指定可能です。
「自動判定」を設定すると取り込み時に指定されたプロジェクトが設定されます。

取引先からどんな形式の請求書が届いても、
めんどうな請求処理のアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!
invoxを無料で試す