仕訳辞書設定

invox受取請求書における仕訳辞書の作成・編集について説明します。

画面構成

仕訳辞書

①仕訳種別

現在「費用計上」仕訳のみとなります。

②適用条件

仕訳辞書を請求データに適用する際の条件です。
請求データがこの条件に一致する場合に適用されます。
また、「仕入先」「部門」「プロジェクト」のいずれか1つは指定が必要です。

適用条件には一致度に応じて優先順位があり、優先順位の高いものから適用されます。
詳細条件を設定した場合は、詳細条件まで一致したものが適用されます。
また、同じ優先順位の仕訳辞書が複数存在した場合は新しい方が適用され、「仕訳辞書候補が複数存在します。仕訳の内容を確認してください。」のメッセージが付いて請求データが返却されます。

優先度 仕入先 部門 プロジェクト 説明

 
 

 
 
全ての項目が一致
仕入先と部門が一致
仕入先とプロジェクトが一致
仕入先が一致
部門が一致
プロジェクトが一致

③仕訳情報

○計上日
計上日は「取込日」「請求日」「支払期限」「支払予定日」から条件を設定して計算することができます。
デフォルト仕訳設定に従う : メニュー[設定]-[サービス]-[デフォルト仕訳設定 (費用計上)]内の計上日設定に従って、計上日が計算されます。
個別に設定する : 仕訳辞書ごとに条件を設定します。こちらを設定するとデフォルト仕訳設定ではなく、仕訳辞書の条件に従って、計上日が計算されます。

○明細
メニュー[設定]-[サービス]-[出力設定]の「取引・仕訳データを出力する」に設定された会計システムに合わせた形で、仕訳明細の項目が構成されます。

パターンを定義する
事前に登録した仕訳を反映させるための定義として入力します。
設定方法はメニュー[設定]-[サービス]-[デフォルト仕訳設定(費用計上)]と同様となりますので、そちらをご参照ください。
請求書の仕訳辞書から入力例をご参照いただけます。

請求明細から生成する
請求書から読み取れた請求明細を元に仕訳を作成します。
設定方法は請求明細から生成する仕訳辞書をご参照ください。
※請求明細から生成する場合は、仕訳辞書の明細は1行になります。

invox受取請求書は、どんな形式の請求書が届いても、99.9%正確にデータ化して、
請求書の受取から入力・支払・計上業務を自動化する、業界最安水準の請求書受領システムです。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービスについて知る

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

無料トライアル

請求書の自動データ化を無料でお試しください。初期設定のサポートなど、安定稼働まで手厚くフォローします。

無料で試してみる

サービスラインナップ

invox受取請求書

請求書の受領から入力、
支払、計上業務の自動化に

invox受取請求書へ

invox発行請求書

請求書の発行から売上計上、
入金消込業務の自動化に

invox発行請求書へ

invox電子帳簿保存

あらゆる国税関係の
電子取引情報・書類の保管に

invox電子帳簿保存へ