STEP2: 請求書のデータ化

請求書のデータ化

invoxにおける請求書のデータ化は、下記のステップで行われます。

  1. 請求書のレイアウトの認識
  2. 日付や金額など必要な部分のOCR
  3. データ化結果の整合性チェック

1.請求書のレイアウトの認識

請求書のどこに何の情報が記載されているか、請求書のレイアウトをAIが認識します。

レイアウト認識の精度が十分でない場合、オペレータがレイアウト情報を補正します。

2.日付や金額など必要な部分のOCR

認識したレイアウトの結果から、日付や金額など必要な情報が書かれている領域を取得し、OCRにより文字情報へと変換します。

OCRの精度が十分でない場合、オペレータが文字情報を補正します。

3.データ化結果の整合性チェック

データ化した結果を用いて、日付の整合性や金額の整合性チェックを行います。

整合性チェックを通過しなかった場合にオペレータが確認し情報を補正します。

全ての工程においてオペレータの補正が不要な場合、数秒から数十秒でデータ化が完了します。
オペレータの補正が必要な場合も、ご契約頂いているプランにより1~3営業日以内にデータ化が行われます。
データ化完了時に通知を受け取ることが可能です。

取引先からどんな形式の請求書が届いても、
めんどうな請求処理のアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!
invoxを無料で試す