invoxの処理の流れ

invox(インボックス)

invoxは、大きく4つのステップで処理が行われます。

invoxの処理の流れ

invoxの処理の流れ

STEP1:請求書の取り込み

まず受領した請求書をinvoxに取り込みます。
請求書取り込みの詳細は、STEP1:請求書の取り込みをご覧ください。

STEP2:請求書のデータ化

AIが請求書レイアウトを認識し、日付や金額など必要な部分のOCRとオペレータの確認によりデータ化を行います。
データ化する項目の詳細は、請求書のデータ化項目をご覧ください。

STEP3:データ化結果の確認

請求書をデータ化した結果の確認は、invoxの画面上で行います。
請求書画像とデータ化の結果をならべて確認でき、確認結果に問題がなければ、請求データを確定します。

データ化結果の確認の詳細は、STEP3:データ化結果の確認をご覧ください。

STEP4:周辺システムに連携

確定した請求データを出力・オンラインバンクや会計ソフトに連携します。
詳細は、STEP4:データの出力をご覧ください。

請求書の面倒なアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!

invoxは、どんな形式の請求書でも、
99.9%正確に振込データや仕訳データを生成し、
経理の支払・計上業務を自動化するクラウドサービスです。

資料をダウンロード