振込データ(全銀形式)出力時の支払元口座について

全銀形式の振込データを出力する際、支払元口座を指定する方法について説明します。

振込データ(全銀形式)出力の基本操作

メニュー[出力]-[振込データ(全銀形式)]をクリックします。

出力可能な請求データが一覧に表示されます。
一覧の項目名の左端のチェックがついていると全件が選択されており、明細ごとの選択も可能です。
出力対象を選択して、[出力]をクリックします。

表示されたポップアップ画面で[振込元口座]を選択し、[振込日]を入力し、[出力]をクリックします。
※振込元口座は銀行口座設定で登録したものから選択できます。銀行口座設定で[デフォルトの振込元口座とする]にチェックがついている口座が選択された状態で表示されます。銀行口座設定の詳細については請求書の支払に利用する銀行口座設定をご覧ください。

請求データに設定された支払元口座を振込元口座として出力したい場合

一覧画面で[支払元口座]を選択すると、出力可能な請求データの中、選択した口座と同じ支払元口座が設定されたものが表示されます。
出力対象を選択して、[出力]をクリックします。

この場合、表示されたポップアップ画面では、[振込元口座]が固定値となっており、選択できません。
[振込日]を入力し、[出力]をクリックします。

部門ごとに支払元口座を分けて運用したい場合

部門にあらかじめ支払元口座を設定しておくことで、部門ごとに支払元口座を分けての運用が可能です。
部門設定の詳細は部門設定をご覧ください。

振込データ(全銀形式)の出力一覧画面で[部門]を選択すると、選択した部門の出力可能な請求データが表示されます。
出力対象を選択して、[出力]をクリックします。

この場合、表示されたポップアップ画面では、前のステップで選択した部門に設定された[支払元口座]のみ(※)が[振込元口座]に表示され、選択できます。
[振込元口座]を選択し、[振込日]を入力し、[出力]をクリックします。
※当該部門に支払元口座が設定されていない場合は、銀行口座設定で登録したすべての口座が選択できます。

invox受取請求書は、どんな形式の請求書が届いても、99.9%正確にデータ化。
経理の支払・計上業務を自動化する請求書受領システムです。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービス案内資料を確認

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

試してみる

請求書の自動データ化を無料で
お試しください。

無料で試してみる

サービスラインナップ

invox受取請求書

請求書の受領から入力、
支払、計上業務の自動化に

invox受取請求書へ

invox発行請求書

請求書の発行から売上計上、
入金消込業務の自動化に

invox発行請求書へ

invox電子帳簿保存

あらゆる国税関係の
電子取引情報・書類の保管に

invox電子帳簿保存へ