部門設定

請求データに部門を設定すると、下記のシーンで部門情報が利用できます。

  • ・所属部門による請求データの参照範囲制御
  • ・請求データの情報として標準形式の請求データに出力
  • 仕訳辞書の適用条件として利用
  • ・仕訳の計上部門として利用

以下の手順をご参照いただき、部門マスタを登録するか、インポートファイルについてをご参照いただき、部門マスタのインポートを行ってください。

部門一覧を表示

設定-部門
メニューの[設定 > 部門]をクリックしてください。

部門を追加

追加ボタン
右上の[追加]をクリックしてください。

部門の設定

部門の設定
設定が完了したら、右上の[保存]をクリックし、部門一覧で正しく作成されていることをご確認ください。
①部門名
部門名を入力してください。

②部門コード
部門コードを入力してください。
会計システムなど外部システムとデータを連携する場合、外部システムとコードを合わせてください。

③親部門
必要に応じて、親部門を設定してください。
親部門を設定することで部門マスタを階層構造とすることができます。
階層構造とすると、データの参照範囲の制御やワークフローで階層が考慮されます。

④請求担当者
必要に応じて、請求担当者を設定してください。
請求書の担当者の自動判定で使用されます。自動判定の詳細は担当者の自動判定ルールをご覧ください。

⑤間接部門
必要に応じて、間接部門フラグを設定してください。

⑥支払元口座設定
必要に応じて、支払元口座を設定してください。
下記の手順で、銀行口座設定で登録した銀行口座から選択できます。

[選択]をクリックします。
支払元口座設定
部門の支払元口座に追加した口座を選択して、[OK]をクリックします。
OKボタン

振込データ出力で部門を指定した場合、その部門マスタの支払元口座設定に設定された口座のみが、振込元口座として選択可能になります。
支払元口座の詳しい使い方は、振込データ(全銀形式)出力時の支払元口座についてをご覧ください。

⑦メモ
部門のメモとしてご利用ください。

請求データへの部門の設定

請求書の取り込み時
invox受取請求書では、請求書の取り込み時とデータ化結果の確認時に請求書データに部門情報を付加できます。
上記の画面はアップロード設定を部門ごとに設定し、取り込み時に部門情報を付加する際のイメージです。

請求書の取り込み時については、STEP1: 請求書の取り込みをご参照いただき、各取り込み方法の詳細にて、設定方法をご確認ください。

データ化結果の確認時
取り込み時の部門設定が難しい場合、データ化が終わった請求データに対して部門情報の設定が可能です。
データ化結果の確認時については、STEP3:データ化結果の確認をご参照ください。

invox受取請求書は、どんな形式の請求書が届いても、99.9%正確にデータ化して、
請求書の受取から入力・支払・計上業務を自動化する、業界最安水準の請求書受領システムです。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービスについて知る

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

無料トライアル

請求書の自動データ化を無料でお試しください。初期設定のサポートなど、安定稼働まで手厚くフォローします。

無料で試してみる

サービスラインナップ

invox受取請求書

請求書の受領から入力、
支払、計上業務の自動化に

invox受取請求書へ

invox発行請求書

請求書の発行から売上計上、
入金消込業務の自動化に

invox発行請求書へ

invox電子帳簿保存

あらゆる国税関係の
電子取引情報・書類の保管に

invox電子帳簿保存へ