請求書のデータ化における仕入先マッチングの考え方

invox受取請求書にて請求書から読み取ったデータから仕入先を特定する流れを説明します。

請求書イメージから仕入先を特定する流れ

請求書イメージから仕入先を特定する流れ
「オペレータ確認あり」の場合、上記フロー内「仕入先特定」部分をオペレータによる再確認が実施されます。
また、基本的に上記フローとなるが、請求書に記載がある場合、電話番号を利用するケースもあります。

仕入先のメンテナンス方法

invoxでは仕入先の情報をマスタ情報として管理しています。
仕入先マスタの考え方については仕入先マスタの概念・変更時の注意点を参照下さい。
データ化により同一の仕入先の情報が2つできた場合には、仕入先マスタの統合をご利用いただく事で複数の仕入先を一つにまとめられます。

上記を参照しても原因が分からない場合

チャットにてお問合せ下さい。

invox受取請求書は、どんな形式の請求書が届いても、99.9%正確にデータ化。
経理の支払・計上業務を自動化します。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービス案内資料を確認

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

試してみる

請求書の自動データ化を無料で
お試しください。

無料で試してみる

サービスラインナップ

invox受取請求書

請求書の受領から入力、
支払、計上業務の自動化に

さらに詳しく

invox発行請求書

請求書の発行から売上計上、
入金消込業務の自動化に

さらに詳しく

あらゆる国税関係の
電子取引情報・書類の保管に

さらに詳しく