適格請求書に記載する消費税の端数処理

適格請求書等保存方式(インボイス制度)

適格請求書に記載する消費税の端数処理は、適格請求書1枚に対し、8%と10%の税率ごとに1回ずつ、品目ごとの端数処理はできません。

適格請求書とは、2023年10月から導入されるインボイス制度(適格請求書等保存方式)において、適格請求書発行事業者が発行する請求書を指します。

適格請求書の消費税端数処理の例

消費税の端数は、切上げ・切捨て・四捨五入を任意で決められますが、納付する消費税額の一円未満に端数がある場合、切捨てとなることから「切捨て」を選択するケースが多くなっています。

以下のような請求書がある場合、消費税を品目ごとに計算して一円未満の端数処理を切捨てると58円、8%と10%の対象商品のそれぞれの合計金額に対して消費税を計算して一円未満の端数処理を切捨てると59円、一円の差額が生じてしまいます。

前述のとおり、品目ごとの端数処理はできないので後者の59円が正しい計算です。

適格請求書の消費税端数処理の例

適格請求書の消費税端数処理の例

取引先からどんな形式の請求書が届いても、
めんどうな請求処理のアナログ業務をぜ〜んぶ自動化!
invoxを無料で試す