請求書の仕訳データを会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」に連携

invoxから出力した請求書の仕訳データをマネーフォワード クラウド会計へ連携する場合、以下のように行います。
出力方法は、データの出力方法をご確認ください。

1.仕訳帳を表示

仕訳帳を表示
マネーフォワード クラウド会計へログイン後、サイドメニューの[会計帳簿 > 仕訳帳]をクリックしてください。

2.仕訳帳のインポート画面の表示

インポート画面の表示
画面右上の[インポート > 仕訳帳]をクリックしてください。

3.インポートするファイルを選択

データ・ファイルを選択
仕訳帳のインポート画面にて[ファイルを選択]をクリックし、invoxから出力した取引・仕訳データのファイルを選択してください。
ファイル名の表示を確認後、[インポート]をクリックしてください。

4.インポート内容の確認

確認ボタン
内容に誤りがないか、ご確認いただき、[確認]をクリックしてください。

5.不足項目の追加確認

不足項目の追加確認
科目・部門等不足項目がある場合、設定確認の画面が表示されます。
上部の説明をご確認の上、適宜ご対応いただき[次へ]をクリックしてください。

6.インポート情報の保存

インポート情報の保存
インポート内容に誤りがないか、ご確認いただき[保存]をクリックしてください。
仕訳帳にて、正しく取り込まれているかご確認ください。

マネーフォワード クラウド会計以外の会計ソフトへの連携方法は、請求書をデータ化して会計ソフトに連携で概要をご覧いただくか、各会計ソフトへの連携方法のページで詳細をご覧ください。

■マネーフォワード クラウド会計以外の会計ソフトへの連携方法
請求書の取引データを会計ソフト「freee」に連携
請求書の仕訳データを会計ソフト「弥生会計」に連携
請求書の仕訳データを会計ソフト「勘定奉行」に連携
請求書の仕訳データを会計ソフト「PCA 会計」に連携

invox受取請求書は、どんな形式の請求書が届いても、99.9%正確にデータ化。
経理の支払・計上業務を自動化します。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービス案内資料を確認

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

試してみる

請求書の自動データ化を無料で
お試しください。

無料で試してみる