仕訳データの確認・編集

invoxは、データ化結果と同様に仕訳データも請求書画像とならべて確認できます。
仕訳機能を使用する場合、支払データ・仕訳データ・請求データの出力設定から事前に仕訳データを出力するように設定する必要があります。

仕訳データを編集できるのは「確認待ち」のステータスです。
ステータスは、請求書データのステータスをご参照ください。

1.請求書一覧の表示

請求書一覧の表示
サイドメニューの[請求書]をクリックしてください。

2.請求書データの確認

請求書データの確認
該当の確認待ち請求書データをクリックしてください。

3.仕訳データの確認

仕訳データの確認
画面右下に表示されている、仕訳データをご確認ください。

4.仕訳データの編集

仕訳データの編集
修正が必要な場合は、仕訳データ右上の[編集]をクリックしてください。

5.編集ウィンドウの表示

編集ウィンドウの表示
編集ウィンドウが表示されます。
仕訳データ各項目の詳細については、デフォルトの仕訳設定をご参照ください。
仕訳を修正する方法は下記4つの方法があるため、状況に応じて最適な方法を選択してください。

修正方法 メニュー 概要
1.直接編集する 仕訳のテーブルを直接編集する方法です。単発の取引や辞書化が難しいイレギュラーな取引の場合にこちらをご利用ください。
2.仕訳辞書を作成・編集する 辞書登録 仕訳辞書を作成・編集し、仕訳辞書から仕訳を生成する方法です。今後繰り返し発生する取引の場合はこちらをご利用ください。
3.仕訳辞書を適用する 辞書候補 既に登録済みの仕訳辞書から仕訳を生成する方法です。()には仕入先が一致する学習の件数が表示されています。
4.過去仕訳を適用する 過去仕訳 過去仕訳から仕訳を生成する方法です。

6.仕訳データの保存

仕訳データの保存
データを修正後、右上の[保存]をクリックしてください。

invox受取請求書は、どんな形式の請求書が届いても、99.9%正確にデータ化。
経理の支払・計上業務を自動化します。

さあ、invoxをはじめましょう。

サービス案内資料を確認

サービス案内資料を確認

まずは、invoxの基本機能や特徴を
まとめたサービス案内資料を
ご覧ください。

資料をダウンロード

個別相談会に参加

個別相談会に参加

個別相談会で具体的な課題を
ヒアリングし、最適なプランや
ご利用方法を提案します。

個別相談会を予約

試してみる

試してみる

請求書の自動データ化を無料で
お試しください。

無料で試してみる